Cloupor mini Maziora Customレビュー&爆煙会告知

せっかく買ったのにずっとしまい込んでいたCloupor mini。
後継のGT、mini plusも発売されていよいよ本格的にお蔵入りかなと思ってたそんなある日、twitterで仲良くしていただいている阿闍梨さんと名古屋のVapeショップ、Dr.Vaporでお会いする機会がありました。
塗料関係のお仕事をされている阿闍梨さんは自前のCloupor GTをマジョーラ&クラックにカスタムペイントされており、ビリジアンとゴールドに妖しく色めくGTでWitcher’s Brewをスッパスパ。
その美しく優雅な姿に完全KOされた俺は、しまい込んである自分のCloupor miniを塗っていただけないかと懇願したところ、

 

「あまってる塗料だったらいいですよー。」

 

と、思いのほか快諾。
プレアデスというマジョーラ塗料をクラック無しでペイントしていただくことになりました!
以下、阿闍梨さんから送られてきた作業経過です。


Clouporの塗装を落とし、ボタンとディスプレイをマスキングゾルでカバー。
一時期Clouporをポリッシュやカッパー風にするってヤツがありましたね。
これがまさにその状態です。

 


塗料の食いつきを良くするためにサーフェィサーをひと噴き。

 


さらにベースコートも。
作業経過報告はこの写真を最後に終了しました。
それでは、先日変態MODDERヒマヒーロー氏のガレージにて行われたCloupor mini MAZIORA Custom引渡式の様子をご覧ください。

 


箱を開けて、


マニュアルをどけて、

 


VIPカードをどけたらいよいよClouporが!

 


ハズレ!?えっ!?
事もあろうにハズレシール貼ったブラックサンダーが入っていました。

 

阿闍梨の野郎!!!(#゚Д゚ )

 

実はポケットにClouporを隠し持っていた阿闍梨さん。
この後、無事にClouporをお渡しいただけました。
さて、いよいよその全貌が明らかになります。
Cloupor mini MAZIORA Custom、こちらです!

 


まるで夕焼けのような色合い。
その表面に一切の曇りはありません。

 


傾けると青から赤へと美しいグラデーションが出現。

 


電池蓋を開けてみました。
元々のカラーはブラックです。

 


アトマを乗せるとこんな感じ。

 


写真は全て室内で撮影しているため赤~紫に見えますが、屋外で太陽光を浴びると澄んだ青が全面に出てきます。

 


ボタンとディスプレイ周りにはカーボンシートを貼ってスタイリッシュに。

阿闍梨さん、とても素敵なカスタムペイントを施していただきありがとうございます!
塗装の心得がおありの方は、手持ちのMODをカスタムペイントしてみるのも面白いと思いますよ。
しかしガンガン使う予定だったのに、塗装が傷むの怖くて逆に使えないっていうのはここだけの話(笑)

※こちらのMODは10月25日(日)に三重県は四日市で開催される爆煙会(三重電子煙草協同組合主催)にてハンドチェック可能です。
爆煙会当日は、三重県が誇るB級グルメの金字塔「亀山みそ焼きうどん」と「なるちゃん鍋」を組合長が腕によりをかけて振る舞います。
さらに変態MODDERヒマヒーロー氏による新作MOD発表会、某トリッカーのT氏によるトリックレクチャー、クラウドチェイス大会、世界一臭い缶詰「シュールストレミング試食会」などなど楽しいイベント目白押し!
スペシャルゲストはみなさんご存知のあの方が登場!
当日の様子は孤高のエンジニアみえでんさんによって撮影、神編集を経てyoutubeにて後日公開されますのでこちらも要チェックです!
参加ご希望の方は10月23日中にtwitterアカウント「 卍なるしぐ卍悪徳業者 (@naruchan76)」までDMをお送りください。
参加費用は約1000円(食事・飲み物代)、時間は午前11時ごろ開始、午後8時ごろ終了を予定しています。
会場までのアクセスその他詳細はDMにて。
参加希望者が一定数に達しましたら受付を終了させていただきますので何卒ご了承ください。
過去の爆煙会の様子は三重電子煙草協同組合のYoutubeページからご覧いただけます。