Vapezine

Vapezine (ベプジン)は初心者向け電子タバコから爆煙RDA、RTA、MOD、国内外の激ウマリキッドまで幅広くレビューするVAPEブログ。iqosやploom techユーザーも必見!

にほんブログ村 電子タバコブログランキング一覧へ

クリアロマイザー

iSUBシリーズ最新作!iSUB Sレビュー

投稿日:2016年1月22日 更新日:

リキッドのフレーバーをブーストさせるPRISMフレーバーシステムと、誰もが度肝を抜かれる爆煙でスマッシュヒットとなったINNOKINのクリアロマイザーiSUB APEX。
そんなiSUB APEXの後継として早くもiSUB Sがシリーズに仲間入り、先代APEXとは何が変わったのかを詳しくレビューしてみることにしましょう。

こちらのiSUB Sは、国産リキッド国内一の品揃え&最新MODからアトマイザーに至るまで豊富な商品ラインナップが魅力のVAPE COLLECTIONさんより商品提供をいただきました。
VAPE COLLECTIONさん、いつもありがとうございます!

INNOKIN iSUB S(Ni200コイルヘッド同梱版)

材質 ステンレススチール
直径 22mm
タンク パイレックスガラス
タンク容量 4.5ml
付属コイル 0.1ΩNi200コイル×2
エアフローコントロール
デルリンドリップ付

 

特長

・APEXの正統進化系!楽チンリキッドトップリフィル!
・細やかなエアフローコントロールが可能!
・iSUBコイル完全互換!コイルラインナップも続々登場予定!

 

ディテール


パッケージを開けるとiSUB S本体、交換用コイルヘッド(0.1Ω Ni200)、交換用デルリン製ドリップチップ、マニュアル、交換用各種シリコンリングと恐らくトップキャップ用のワッシャーが入っています。
iSUB APEXのコイルヘッド交換時において、タンク内部に配されたギザギザのシリコンパーツが一緒に出てきてもう大変!な目に遭った方をお二方ほど知ってるのですが、そのシリコンパーツもなんと2つ同梱されています。
あのパーツに関するトラブルが多かったんじゃないでしょうか。
ちなみに今回レビューするのはNi200コイルヘッド同梱版ですので交換用コイルヘッドはNi200のものが付属。
クラプトンコイルヘッド同梱版には0.5Ωのクラプトンコイルヘッドが付属します。

 


APEXよりもタンク内部の視認性が向上していますね。
なおかつデザインもこちらの方がクール!
曇りの原因だった二重構造を廃し、トップエアフローはボトムエアフローに変更。
iSUB Sでは10段階のOpen & Point方式が採用され、より細かなエアフローコントロールが可能となっています。

 


こちらが全閉状態。

 


エアフローリングを右に回すと小さなエアホールが3つ出てきます。

 


さらに右へ回すと大きなエアホールが。

 


こちらがエアフロー全開の状態。

 


底面を見て見ましょう。
接続は510、APEXと同じくコイルヘッドのポジティブピンが直接MODに接続されるようになっています。

 


リキッドチャージはiSUB APEXと全く同じトップリフィルタイプ。

 


こちらがコイルヘッド。
iSUBシリーズ共通コイルですので見た目は全く変わりませんね。

 


左:iSUB S 右:iSUB APEX
iSUB SのほうがiSUB APEXよりも若干背が高いことが分かります。

 


左:iSUB S 右:iSUB APEX
ドリップチップのエアフローはオミットされています。

 


MODに取り付けてみました。

 


Cortexが手元にないのでKOOPOR MINIとの組み合わせです。
うん、いい感じですね。

 

■吸ってみた

さて、いよいよ実際に吸ってみましょう。
エアフローは全開、Koopor miniのTC HARDモード420°Fで繊細なフルーツフレーバーが美味しいRitual Craft VaporのVIVOをパフってみます。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

もうね、美味くないはずがありません。
しっかりフレーバー、しっかり爆煙!
エアフローがボトムに変わったせいか、APEXのような独特の味の出方ではなく従来のクリアロマイザーのそれに近いです。

また、特筆すべきはドローの重さ。
エアホール全開状態でもAPEXより確実に重くなっており、エアホールを最小まで絞ればマウストゥラングヒットでもギリギリVAPINGできる仕様。
フレーバー重視で設計されている箇所が随所に見受けられます。

 

総評

iSUB SはAPEXとは全くコンセプトの違う、いわば別物と考えていいでしょう。
同社初のTC MOD「CORTEX」とセットになっていることからも、爆煙だけでなくフレーバーに重きを置いた全く新しいクリアロマイザーという印象を受けました。

ボトムエアフローということで心配だった漏れも全く無く、まさにAPEXに取って代わるINNOKINアトマイザーのフラッグシップモデルとなる製品だと思います。
なおかつこれまで発売されたiSUB用コイルやRBAユニットがそのまま使えることと、クラプトンコイル、Ni200コイル、さらにはチタンコイルの発売も予定されてるというから楽しみでなりません。

新しいiSUB Sで、「INNOKINはじまったな」感をぜひご体験ください!
お買い求めはVAPE COLLECTIONさんでどうぞ!
VAPE COLLECTION iSUB S 販売ページ
http://vape-collection.com/?p=4930

ブログ村ランキングボタン

VAPELOG

-クリアロマイザー
-, , , , ,

Copyright© Vapezine , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.