未就学児童のかほり!Brewell Vapory MYLKレビュー

超濃厚かつあまりに再現性の高いミルクリキッドとしてその名を馳せるリキッド、Brewell Vapory MYLK。
ニコチケのワコンダよろしく熱狂的なMYLKファンもいらっしゃるようで、皆さんご存知の有名リキッドですね。

さて、今日は牛乳が大嫌いでかれこれ30年くらい口にしていない俺が、MYLKがどれほどミルクミルクしているのかレビューしてみることにしましょう。
Brewell Vapory MYLKはtwitterでお世話になっているくらはーさんからいただきました。
くらはーさん、ありがとうございます!

Brewell Vapory MYLK

US製
30ml
ニコチンゼロ
VG/PG比 7:3
市場価格 2300円~

いつものようにニコチンを0.6mg/ml程度添加し、1Ωのrussianで17Wでパフってみます。

 

「スコーーー、プハ・・・
ち、乳くせぇ!うわぁあああ!!」

 

ちょっとおっきなショッピングセンターにあるゲームコーナー脇に併設された幼児向けのボールプールに閉じ込められ、裸足の未就学児童10人位に全身を踏まれた挙句全員からボディプレスを喰らって瀕死寸前、調子に乗った悪ガキの一人がドロップキックを繰り出してきたもんだからとっ捕まえて○んぐり返しからの電気按摩をキメてやったところ、

 

「うぎゃー!ごめんなさい!ごめんなさい!!」

 

と苦悶の表情を浮かべてようやく降参、大人をナメたら痛い目に合うんだぞと優越感に浸るもなぜか違和感を感じまさかと思い、

 

「もしかして君、女の子か!?」

 

と問いかけたところ首を縦に振りまくり許しを乞う悪ガキ、まったく俺とした事がとんでもない事をしてしまったぜと背徳感に苛まれたあの夏の日を思い出しました。
マニアにとっては垂涎モノのシチュエーションではあるものの低年齢すぎて乳臭さハンパないという。

もうね、これすさまじいです。
ミストを吸いこむや否や砂糖を入れたホットミルクはたまた練乳を彷彿とさせる甘くミルキーなトップノート、ミストを吐いた瞬間乳製品特有の乳臭さが口から鼻へと一気に抜け、まるでリアル牛乳を飲み終えた後のようなエンドノートが長く続きます。
この乳臭さというのがどうしてもこぼした牛乳を拭いた雑巾の匂いに思えてしまって1パフで放心状態。
しかし普段からソフトクリームや牛乳が好きで口にすることが多い方にとってはこれこそがリアルミルク感なのでしょう。
ちなみに著名なミルク系リキッドであるMother’s Milk、One Hit WonderのMILKMAN、神風牛乳にそれは無く、Vaping RabbitのMILKMANでかすかに感じられたと記憶しています。

好きな人はどハマり間違いなし!
しかし俺的にはやっぱりダメだったので評価低めです。

評価(5段階)
牛乳感        ★★★★★
甘さ         ★★★★★
再現度        ★★★★★
ケミ臭        ☆☆☆☆☆
乳臭さ        ★★★★★
総合評価       ★★☆☆☆