Vapezine

Vapezine (ベプジン)は初心者向け電子タバコから爆煙RDA、RTA、MOD、国内外の激ウマリキッドまで幅広くレビューするVAPEブログ。iqosやploom techユーザーも必見!

にほんブログ村 電子タバコブログランキング一覧へ

MOD

ASMODUS Plaque(プラーク)徹底レビュー!

投稿日:2016年10月9日 更新日:


最高にクールなVAPE MODをリリースし続けるUS VAPEメーカーASMODUS。
先日リリースされたばかりのMINIKIN2は、シリーズ初のタッチパネル搭載機として高い人気を誇っています。

さて、今日レビューするのはまさに工芸品と呼ぶにふさわしい気品溢れる逸品、ASMODUS Plaque 150W TC MOD!
エンクロージャー全面に施された美しい彫刻が、エレガントかつラグジュアリーな雰囲気を醸し出していますね。
その外観から機能まで徹底的にレビューしてみましょう!

ASMODUS Plaqueレビューは、日本におけるASMODUS総代理店であり、数々のUS VAPE MODや厳選されたリキッドを取り扱っておられるAMERICAN VAPEさんの提供でお送りいたします。

ASMODUS Plaque 150W TC MOD

サイズ 92.5mm x 57mm x 25mm
出力 5W~150W(VWモード時)、5W~80W(TCモード時)
搭載モード POWER、TEMP(Ni200、Ti、SS316、SS317)、TCR、TFR、CURVE
温度管理機能 212°F~512°F(100℃~300℃)
対応抵抗値 0.1Ω~2.5Ω
バッテリー 18650 x 2本使用
microUSBポート搭載(充電可)
ファームウェアアップグレード可

特長

・PWRモード(VW)時出力を自由自在に操れるCURVEモード搭載!
・18650デュアルバッテリーでMAX150Wのハイパワー!
・TCはもちろんTCR、TFR機能まで網羅!
・バランス充電&ファームウェアアップグレード可能!
・見るものを魅了する超絶美麗なボディ、しかしその真髄は裏蓋に!

 

ディテール


高級感溢れるフェイクレザーの化粧箱、この中にPlaqueが納められています。

 


パッケージ内容はPlaque本体、マニュアル、ワランティカード、バッテリーについての注意書きの4点。

 


こちらがPlaque本体。
側面にはパフボタンひとつだけ、まるでメカニカルMODかと思わせる秀逸なデザイン。

 


絶妙なバランスで組み込まれたASMODUSのロゴに腰砕けです。

 

エンクロージャー自体はマットなブラック、そこにしっかりとした彫刻が施されてメッキ塗装されています。
塗装の剥げが心配でしたが、先の尖ったもので意図的に傷つけない限りは大丈夫そう。
また、本体はさほど重くないのでパンツのポケットに入れて気軽に持ち運び可能です。

 


ディスプレイと+、-ボタンは本体底面に配置。

 


スレッドは510、スプリングロード式のコンタクトピン。

 


バッテリーケースのカバーはマグネットタイプ。
横にスライドさせるとmicroUSBポートがこんにちは。

 


18650バッテリーを2本、スタックで使用しますので必ずペアリングされたバッテリーを使いましょう。
また、バッテリーケースがかなりタイトなためボタントップでは使用不可能です。

そしてこのMODがPlaqueと名づけられた所以がこちら。
バッテリーケースの裏蓋にこんなメッセージが隠されていました。

 

”西暦2003年、地球という惑星から来た人類がVaper Nationに初の足跡を残す。
我々は全人類を代表し、平和のうちに来たれり― Asmodus Distribution”

これはその昔、人類初の有人月面着陸に成功したアポロ11号の船体に刻まれたPlaque(銘板)へのオマージュ。


Plaqueには人類が初めて月に降り立った事では無く、2003年に人類が初めて電子タバコを開発しその歴史が始まった旨が記されています。
※電子タバコの歴史についてはWikipedia参照

こういう遊び心を製品にちりばめてしまうASMODUS、最高にクールです。

 

ディスプレイ

ここではPlaqueの各モードのディスプレイ表示について簡単に説明していきましょう。


電源ONの状態でパフボタンを5クリックでメニュー表示、さらにパフボタンを何回かクリックし「Mode」を表示させます。

 


+または-ボタンをクリックしていくと、PWR、TEMP、CURVE、TCR、TFRモードの各アイコンが順番に表示されますので、パフボタンを押してお好きなモードを選択します。

 

・POWERモード


左からワッテージ、モード名、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウント、バッテリーインジケーター。

・TEMPモード


左から上限ワッテージ、設定温度、モード名、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウント、バッテリーインジケーター。
TEMPモードはNi200、SS316、SS317、Tiワイヤーに対応、また、+、-ボタンを同時押しすると5W~80Wの範囲で上限ワッテージの変更が可能です。

・CURVEモード


左からワッテージ、パフタイム、カーブポイント、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウント、バッテリーインジケーター。
ここ最近のASMODUSの目玉とも言えるカーブモード。
パフボタンを押してからどれだけのワッテージを何秒かけるか(ワッテージカーブ)を5つのポイントにわたってエディットできるモードです。
立ち上がりを強くしてメリハリをつけたり、時間とともにゆるやかに出力をアップさせるなど様々な吸い心地を楽しむことができます。

 


CURVEモードを選択するとエディット画面になりますので、0.1ワット、0.1秒単位でワッテージカーブをエディットしていきましょう。

 


またCURVEモード画面時に+、-ボタン同時押しで直接ワッテージカーブのエディットも可能です。

・TCRモード


TEMPモードのプロファイルにないワイヤーを使用して温度管理を行う場合はTCRモードを使用しましょう。

 


0.00000~9.99999まで任意のTCR値を入力し、M1~M5までの5バンクにメモリーできます。

※TCR値については下記を参考ください。

Ni200:0.0052
Ti Grade1:0.0035
NiFe30: 0.00320
SS 304: 0.00105
SS 316: 0.00092
SS 317: 0.00088
SS 410: 0.00155
SS 430: 0.00138
Tungsten:0.00450
Platinum:0.00392
Nichrome:0.00040

・TFRモード


温度管理モード下において、異なる温度間での温度カーブを調整するモードです。

 


212°Fから572°Fまで90°Fごとに、0.00000~9.99999まで任意のTFR値をM1~M5の5バンクにメモリ可能です。

 

・イニシャル抵抗値調整機能


アトマイザーを接続後、パフボタンと-ボタンを同時押しで抵抗値を測定。
さらに0.08Ω~2.69Ωまでの範囲で抵抗値を修正できます。

 

・ディスプレイ表示反転機能


Plaqueのディスプレイ表示反転機能はちょっとスグレモノ。
多くのMODにディスプレイ表示反転機能を有していますが、たいていはディスプレイ表示が反転するのみで、+、-ボタンはデフォルトの状態を保つものがほとんどでした。
しかしPlaqueはディスプレイ表示の向きにあわせて+、-ボタンも反転、向かって上に位置するボタンは必ず+、下のボタンは-になるよう配慮されています。

 

フィッティング


デリンジャーとのフィッティングはこんな感じ。

 


MODがド派手なだけにおとなし目のアトマイザーが似合うと思います。

 


とにかくハイソでゴージャスなMODですね。

 


FivePawnsのQueen Sideと一緒にパチリ。

 

吸ってみた

0.8ΩシングルのデリンジャーにFivePawnsのQueen Sideをチャージ、CURVEモードでパフってみましょう。

 

「スコーーー!プハーーー!!」

 

言わずもがな、最高です。
このMODでVapingしているというだけでいつものリキッドが美味しく感じてしまうプラシーボ効果絶大。
もちろん実際のレスポンス、操作性、ルックスとも大満足。
サイズも重さもデュアルバッテリーMODにしてはコンパクトかつ軽量で取り回しがラクラクなのも良い所です。

機能面で言うと、ここ最近のASMODUSのMODに搭載されるようになったCURVEモードが大変魅力。
VWでありながら自由にワッテージの加減を調整できるのは、カンタル&ガジェット好きにはたまらない機能。
もちろんTEMPモードでの使用感もバッチリですのでまさに才色兼備、隙がないMODだと言えるでしょう。

■コットンバーンテスト

さて、恒例のコットンバーンテストです。
ドライコットンでは温度管理機能が正常に動作しないため(メーカー談)ウェットコットンでテストを行いました。
212°Fから572°Fまで90°Fごとに12秒間通電させた結果です。

ウエットコットンということもあり、全くコットンに焦げは見当たりませんね。
MINIKINシリーズと比較して、細やかにワッテージの昇降圧を行っているような印象をうけました。

 

■総評

最新の機能がぎっしりつまった上、超絶クールなルックスを兼ね備えたPlaque。
やや高価な価格設定はやはりこの外観によるところが大きいと思いますが、ちょっといいMODが欲しいベイパーさん、またはファッションにこだわるベイパーさん、とにかく目立ちたいベイパーさんにとっては決して高くない素晴らしい製品だと思います。
マスプロダクツでありながら、Plaqueを手にするとASMODUSのモノづくりに対するハンパ無い情熱を感じずにはいられません。
ちなみに筆者はPlaqueに完全KOされたので毎日スーツのポケットにPlaqueを入れて会社に出勤してます。
喫煙所で吸ってたらすごい目で見られるのが逆に快感になってきました。
これもすべてPlaqueのおかげ、Plaqueさまさまです。

ASMODUS Plaque 150W TC MODはAmerican Vapeさんより11月発売予定!
現在予約販売受付中ですので、このルックスにやられた方は是非ご予約ください。
ご予約はこちらからどうぞ!
http://www.americanvape.jp/items/plaque.html
さらにゴージャスなゴールドモデルもありますよ!

ブログ村ランキングボタン

VAPELOG

-MOD
-, , , , , , , ,

Copyright© Vapezine , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.