Vapezine

Vapezine (ベプジン)は初心者向け電子タバコから爆煙RDA、RTA、MOD、国内外の激ウマリキッドまで幅広くレビューするVAPEブログ。iqosやploom techユーザーも必見!

MOD

ASMODUS Colossal (アスモダス コロッサル)レビュー!

投稿日:2017年12月27日 更新日:

ヤバすぎるMODがASMODUSから登場です!

ASMODUS Colossalは、最新チップGX80HUT V2にタッチスクリーンを搭載したシングルバッテリーMODのフラッグシップモデル。
同社のアイコンとも言えるMINIKINのデザインを踏襲しつつも、前代未聞のエクスペリエンスをもたらしてくれる2017年最後にやってきた注目株です。
今日は個人的MODオブ・ザ・イヤー、ASMODUS Colossalを徹底レビューしてみましょう!

ASMODUS Colossalレビューは、クールなUS VAPEプロダクツを豊富に取り扱う電子タバコ専門店、American Vapeさんの提供でお送りいたします。

 

ASMODUS Colossal

SPEC
Dimensions: 76mm x 25mm x 40mm
Powered by the GX 80 HUT v2 chip
Requires an 18650 sized battery (not included)
Modes:Power,Temp,TCR,TFR,Curve
Preheat function:Soft,Normal,Hard
Temp mode Supports Wire: Ni200,Ti,SS304,SS316,SS317
Acceptable resistance range: 0.1 - 3.0 ohm
Output power range: (power mode): 5.0 - 80.0 watts
Output power range (temperature control mode): 5.0 - 60.0 watts
Maximum power output: 7.5 volts
Maximum output current: 35.0 vamps
Input voltage range: 3.2 - 4.2 volts
Working current of the display screen: 25mA
Standby working current: <350uA
Firing cut off timer: 10 seconds
Standby time 18 secondsWork efficiency: 94%
Positive contact protector

 

ASMODUS Colossal 特長

・最大80W出力のシングルバッテリーMOD!
・TCモードはもちろんカーブモードも搭載!
・上下左右にスワイプ可!タッチスクリーン搭載!
・25mmアトマイザーをキッチリ乗せられる!
・もちろんファームウェアアップグレード対応!

 

ASMODUS Colossal ディテール


パッケージ内容はColossal本体、microUSBケーブル、マニュアル、保証書、注意書き。

 


こちらがColossal。
もうね、たまりません。
深みのある塗装の輝き、流れるような曲面とエッジの効いた平面が織りなす美しいシェイプ、Colossalはまるでクルマのような重厚な質感と存在感を放っています。
ブルーのColossalはさしずめインプレッサ、はたまたR34といったところでしょうか。

 


カラーバリエーションは2017年12月時点で全7種。
そのうちKODAMA EDITIONや限定カラーも出てきそうな予感・・・。

 


バッテリーカバーにはASMODUSのロゴ、本体側面にはパフボタンとタッチスクリーンを配置。
「ただのシングルバッテリー版Minikin Rebornか」などと思うなかれ、Colossalに搭載されている最新チップ「GX 80 HUT v2」はRebornをも凌駕するポテンシャルを秘めています。

 


グリップに入れられたエルゴノミックなスリットもポイント高し。
ひとたび握ればもう虜。

 


スレッドは510、スプリング式コンタクトピン。

 


底面にはベントホール。

 


バッテリーカバーを開けてみました。
本体にマグネットなどは無く、カバーの力のみで本体をガッチリホールド。
デザインの都合からか、microUSBポートはカバー内部に隠れています。
ここは賛否両論あると思いますが、個人的には問題なし!

 


Colossalは18650バッテリーを1本使用します。
通常とは逆、ネガティブをアトマイザー側(上面)に向けてセットしましょう。

 

MINIKIN REBORNとの比較


シングルとデュアルの差は歴然です。

 

ディスプレイが小さくなった!?

 


いやいや、ほぼ同じ!
なおかつ写真では分かりにくいですが画面の輝度は格段に明るくなりました。

 


厚さはREBORNよりも厚くなっていて25mmのアトマがジャストフィットします。

 


REBORNだと若干はみ出ちゃう25mmアトマも・・・

 


Colossalだと余裕!
VOLUNAもカッコ良く載せられます。

ASMODUS Colossal ユーザーズガイド

電源オフ時にパフボタン5回クリックで電源オン。
Colossalには大きく分けて設定画面VAPE モードの2つがあり、パフボタン5回または1回クリックで両画面の切り替えが可能。
各画面でスクリーンを左右にスワイプすることで前後のページを表示し、各項目をタップ、ロングタップ、スワイプでパラメーターの変更・設定が行えます。
※VAPEモードではモード名を左右にスワイプで前後のページが表示されます。

 

設定画面

パワー・・・ロングタップで電源OFF
パフリミット・・・1~9999までのパフリミットを入力
カウンタリセット・・・パフカウンタをクリア
画面の明るさ・・・液晶明度を10段階で調節
アップグレード・・・PCに接続しアップグレードを行う
バージョン表示・・・ファームウェアのバージョンを表示
ロック方法選択・・・画面ロック解除をスライドかクリックか選択


スライドは画面上部から下部まで指でスライドさせるとロック解除

 


クリックは画面を3回連続クリックでロック解除

※画面がロック状態にあるか否かは、各VAPE MODE画面右下の鍵アイコンで判別できます。

抵抗値セット・修正・・・コイル抵抗値の読取と修正

 

VAPE MODE

POWERモード


ディスプレイにはモード名、ワッテージ、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウンター、バッテリー容量、プリヒート種別、画面ロック状態を表示。

画面タップ・・・ワッテージ設定画面へ
画面上下スワイプ・・・プリヒートの切替(Soft、Normal、Hard)

 

TEMPモード


ディスプレイにはモード名、設定温度、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウンター、バッテリー容量、画面ロック状態を表示。

モード名タップ・・・ワイヤー選択画面へ
設定温度ロングタップ・・・温度設定画面へ
設定温度タップ・・・上限ワッテージを表示
上限ワッテージロングタップ・・・上限ワッテージ設定画面へ

 

CURVEモード


ディスプレイにはモード名、タイム、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウンター、バッテリー容量、カーブポイント、画面ロック状態を表示。

タイムタップ・・・ワッテージ表示
画面上下スワイプ・・・カーブポイントの切替(P1~P5)
タイム/ワッテージロングタップ・・・カーブエディット画面(下図参照)へ

※CURVEモードとは?
パフボタンオンからどのようにワッテージを昇降させるかをユーザー自身でカンタンに設定することができるモードです。


左の数字がワッテージ、右の数字が時間。
上の設定だとパフボタンを押してから0.2秒間は20Wをかけ、0.1秒間13Wに一旦落とし、3.5秒間18Wで出力し続けて1.5秒間19Wで出力、その後2秒間は14Wまで落とすという設定。
熱くなりがちな太いワイヤを使う場合など、ワッテージを昇降させることで快適なVapingが楽しめます。

 

TCRモード


ディスプレイにはモード名、設定温度、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウンター、バッテリー容量、メモリナンバー、画面ロック状態を表示。

モード名タップ・・・TCR入力画面へ
設定温度ロングタップ・・・温度設定画面へ
設定温度タップ・・・上限ワッテージを表示
上限ワッテージロングタップ・・・上限ワッテージ設定画面へ
画面上下スワイプ・・・TCRメモリの切替(M1~M5)

※TCRモードとは?
使用するワイヤーに合致した抵抗係数を入力することで、様々なワイヤーで温度管理を可能にするモード。
TCRモードでは0.00000~9.99999まで任意の数値をM1~M5の5バンクにメモリできます。

TCR値
・Ni200・・・0.00600
・SS316・・・0.00088
・SS317・・・0.00094
・Ti・・・・・ 0.00366

 

TFRモード


ディスプレイにはモード名、設定温度、カレントボルテージ、コイル抵抗値、パフタイム、パフカウンター、バッテリー容量、メモリナンバー、画面ロック状態を表示。

モード名タップ・・・TFR入力画面へ
設定温度ロングタップ・・・温度設定画面へ
設定温度タップ・・・上限ワッテージを表示
上限ワッテージロングタップ・・・上限ワッテージ設定画面へ
画面上下スワイプ・・・TFRメモリの切替(M1~M5)

※TFRモードとは
あらかじめ設定したTFR(温度カーブ)に則って温度管理を行うモード。
212°Fから572°Fまで90°Fごとに0.00000~9.99999まで任意のTFR値をM1~M5の5バンクにメモリ可能です。

 

フィッティング


ASMODUSの25mmRTA、VOLUNAを乗せてみました。


Minikinがシングルバッテリーだったらなぁ・・・と思った方結構いらっしゃるのではないでしょうか?

このフォルムにこのサイズ感、アトマとのバランスもたまらん!

 


これまでのASMODUSのMODはどうしても爆煙のイメージがあったため、同じASMODUSのアトマかアメリカンなドリッパーじゃないとダメだみたいなきらいがあったのですが、Colossalはいい意味で筆者の固定概念を壊してくれました。
テイストの全く異なるNectarなんかを乗せても全然違和感のないバランス。
今日からデイリーMODはiStick PicoからColossalにチェンジ!

 

吸ってみた

0.3ΩのVOLUNAにEXCISIONのPARADOXをチャージし、45Wでパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

実にASMODUSらしいパワフルな立ち上がり。
ディレイタイムが無いのか、一度コイルが温まれば二度目以降のパフはものすごいセンシティブに感じられます。
ラグが無い分ストレスフリーで吸いごたえ抜群、これぞASMODUSの真骨頂!
もちろんプリヒート機能やカーブモードも期待通りに動いてくれて大変気持ちがいいMODです。

タッチスクリーンの操作感については、MINIKIN2やMINIKIN REBORNよりも操作が複雑になった分ややミスタッチが発生しやすくなった印象。
操作に慣れるまで、スクリーンに手垢がつくくらいスワイプ&タップしまくりましょう。

ASMODUS Colossal総評

シングルバッテリーのコンパクトボディにMINIKINシリーズで培ってきたフィーチャーがてんこ盛り!
Colossalは初心者にはちょっと難しいMODかも知れませんが、使いこなせれば大変満足度の高いMODであることは間違いありません。
初回入荷分が即完売になったのも頷けます。
Colossalはずばり「買い」、筆者のイチオシです!

ASMODUS ColossalはAmerican Vapeさん、Dr.Vaporさんにて大好評発売中!
お買い求めはこちらからどうぞ!

American Vape
http://www.americanvape.jp/items/colossal.html

Dr.Vapor(店舗販売のみ)
http://drvapor.biz/

ブログ村ランキングボタン

VAPELOG

アドセンス関連



アドセンス記事下




注目の記事ピックアップ

1

すでにたくさんのレビュアーさんたちによってレビューされ、軒並み高評価を得ているHussar RDTA ...

2

2016年も残すところもうあとわずかとなりました。 今年もたくさんのVAPEデバイスとリキッドが産ま ...

3

世界的に大人気のアトマイザー、ARMOR 1.0 RDA。 普通に買おうとするならば、FBのシークレ ...

4

あの極小スクエアMOD「Mi-One」がパワーアップして帰ってきました! 今日レビューするSmoki ...

-MOD
-, , , , , , ,

Copyright© Vapezine , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.