デカい方のミルクマン! One Hit Wonder The Milk Manレビュー

180mlというコストコ並みのホールセールっぷりがたたって、吸ってみたいけど万が一口に合わなかったらどうしようと三日三晩ベイパ―を悩ませる魅惑のリキッド、One Hit Wonder。
それはそれはもうCHKさんのページを何度開いてはそっ閉じしたか数え切れないほど。
そんなある日、twitterで仲良くいただいている小麦粉大好きウドンベイパーさんからOne Hit Wonderのリキッド2種をご提供いただくことになりました!
うどんさん、毎度ありがとうございます!
まずはイチゴ&クリームフレーバーのThe Milk Manをテイスティングしてみましょう。

One Hit Wonder The Milk Man 詳細

One Hit Wonder The Milk Man
180ml
ニコチンゼロ
US製
VG/PG比率 8:2
市場価格 7800円~

リキッドメーカー各社が乱発しているフルーツシリアル&ミルクリキッドのあおりをうけてか、ミルク系リキッドもここ最近のトレンドのようですね。
ちっちゃな牛乳パックを模した同名のリキッドもすこぶる人気のようで、「乳男」の愛称がすっかり定着している模様。
あまーいまろやかミルク系リキッドにニコチンを入れてちびちび吸うのが三度の飯より大好物なので、6mg/mlほどニコチンを添加して0.7Ωのrussianに14Wで吸ってみます。

 

「スコーーーーーープッハーーー!!
コイツはウマいぜ!!最高だ!!!」

 

さて、The Milk Manは頭が痛くなるほど甘くて濃厚な生クリームにサクマのいちごみるくキャンディを彷彿とさせるイチゴフレーバーがしっかり乗っかったとろけんばかりの極上テイスト、そのあまりのウマさにチェーンが思わず止まらなくなるという実に中毒性の高いリキッドです。

しかもタンクに入れて約二日、恐ろしいスピードでタンク内スティープが進行しており、初日に比べるとその甘さは段違い。
あまりに甘いのでGVCのようにVGで割ってもおいしくいただける気がしますが180mlもあればあえて割ることもないので原液をガンガン吸ってはそのウマさに喜びむせびましょう。
その濃厚なフレーバーの恩恵か、高ワッテージでも味飛びするどころかむしろ甘みが増幅されます。
なおかつVG80%が織りなすシルキーで真っ白なミストは、火災報知機をも作動させるポテンシャルを兼ね備えている事は言うまでもありません。

The Milk Man、これは完全にハマりました。
180mlあっても飽きずに吸い切れそうです。
うどんさんに頂いたやつがなくなったら多分買うことになるでしょう。
ちなみにイチゴ&ミルクのリキッドというとどうしても比較対象になるのがSUICIDE BUNNYのMOTHER’S MILK。
ほどよい甘さとほのかに香るイチゴフレーバーが人気のMOTHER’S MILKが日本人の母乳だとすると、The Milk Manはアメリカ人の母乳です。
ボリュームといい味といい実にワイルド、これぞアメリカの味!

評価(5段階)
果実感     ★★★★☆
甘さ      ★★★★★
再現度     ★★★★★
ケミ臭     ☆☆☆☆☆
金髪少女度   ★★★★★
総合評価    ★★★★★

※google先生を怒らせちゃったのでヤバい部分修正しました(泣