極上バニラカスタード!Omotenasi E-Juice OVC V2レビュー


濃厚かつキレ味冴えわたるプレミアム国産リキッド、Omotenasi E-Juice
人気の秘密はブレンダーであるあっちさんのフレーバリングセンスと、惜しみなくふんだんにフレーバーを使いつつもリーズナブルな価格を実現しているという点でしょう。
さらに言うとOmotenasi E-Juiceはあっちさんのショップ限定販売のため、あそこのリキッド超ウマいぜ!という噂が口コミで広まっていき、まさに知る人ぞ知るリキッドとしてその人気を確固たるものにしたのではないかと思われます。
さて今日はそんなOmotenasi E-Juiceの新製品、OMOTENASHI VANILLA CUSTARD V2のレビューです!
あっちさん、サンプルをお送りいただきありがとうございます!

Omotenasi E-Juice OMOTENASHI VANILLA CUSTARD V2(OVC)


※画像はキャラメルミルク

Omotenasi E-Juice OMOTENASHI VANILLA CUSTARD V2(OVC)
国産
ニコチンゼロ
VG/PG比 不明
サンプル品(予想価格¥1,080)

GVCならぬOVC、やはりバニラカスタードにはニコチン添加が必須だなと思い、6mg/ml程度にニコチンを添加。
これを0.8Ωシングルのrussianに入れて15Wでパフってみましょう。

 

「スコーーーーーー、
プッハァー・・・。」

 

おおっ!これはGVCを彷彿とさせるバニラカスタードです。
トップノート~ミドルノートはそんなに甘くはないものの、ミストを吐くとまるでマロンクリームのようなスィートポテトのようなどっしりとした甘さが感じられます。
これはスティープしたらさらに美味しくなるに違いないと確信。
タンクに入れたまま3日間スティープさせ、吸いなおしてみました。

 

「スコーーーーーー、
プッハァー・・・・・。」

 

「ご主人さまのお好きなくいーむぶゆえ、一生懸命つくりました!」

 

クリームブリュレと言えない舌っ足らずのメイドが自慢の黒髪ツインテールを揺らしながら満面の笑みを浮かべて部屋に入ってきたのでニッコリ微笑み返してやると、

 

「いつもみたいにあーんしますよね?
あっ、すみません。わたし、ご主人さまに早く食べていただきたくてスプーンを忘れてしまいました。
すぐに取ってきま・・・」

 

「いいんだ。」

 

すかさず彼女の小さな手をぐいっと掴み、その指先でクリームブリュレをすくい上げて口に運ぶ。
うまい。なんて甘美な味わいなんだ。

 

「ご主人さま違いますっ!私の指はスプーンじゃありませんっ。」

 

「いや、何も違わない!」

 

「ふはっ、ふぅううっ!!」

 

と、あの時食べたクリームブリュレの味がします。

これは狙いどおりです。
スティープによってめちゃくちゃ甘さが出てきました。
バニラたっぷりの濃厚なクリームブリュレ、仕上げにその表面を香ばしくキャラメリゼ。
パティシエも思わず舌巻いて逃げ出すほどの極上スイーツフレーバーに思わずニッコリしてしまいます。
マロンクリームはたまたスィートポテトのようなフレーバーはスティープによりカラメルソースに変化したようですね。

上品な甘さに思わずチェーンしまくり、あっと言う間に部屋がホワイトアウト。
ワッテージを上げても味飛びすることなく、なおかつニコチンの臭さも気にならない。
どこをどう取っても海外のリキッドと遜色ない素晴らしいクオリティです。
あまりのウマさに調子に乗って花京院なみにしつこくレロォレロォと彼女の指、いやクリームブリュレを堪能していたら、

「てっ、店長ぉおお(泣」

とうとう泣きが入った彼女を見て店長とおぼしきサモハンキンポー似の輩が登場。
ここはそういう店じゃねえんだよとつまみ出されてあえなくゲームオーバーです。
ちくしょう、お客様を何だと思ってやがる。
次はボクっ娘カフェ襲撃だと心に決めたある春の出来事でした。

評価(5段階)
果実感        ★★★☆☆
甘さ         ★★★★★
再現度        ★★★★★
ケミ臭        ☆☆☆☆☆
ふはっ、ふぅううっ感 ★★★★★
総合評価       ★★★★★

※あっちさん渾身のOmotenasi E-Juiceはこちらから購入できます。
是非一度と言わず二度三度お買い求めください!