ミルクマンの兄貴分! One Hit Wonder The Muffin Manレビュー

あまりに大容量すぎてうかつに手を出せないリキッドシリーズ第二弾!
The Muffin Manは以前にレビューしたThe Milk Manの兄貴分で、やはり180mlもの大容量ボトルでのみ販売されているという実にアメリカンなリキッドです。
このリキッドもCHKさんに入荷されるやいなやMilk Manと見比べては買おうかどうか激しく悩んだ挙句、ブラウザをそっ閉じした事を記憶しています。
というのもThe Muffin Manはアップルシナモンマフィンフレーバーだそうで、アップルパイのシナモンくらいはイケるけどシナモン主体の食べ物は大の苦手、ニッキ水とかニッキアメとかミスドのシナモンドーナツとかサイゼリヤのシナモンフォッカチオとか全部まとめて大晦日の神社で焼き払ってやりたいと常日頃考えているような俺が、180mlもあるコイツを買ってもし口に合わなかったらと考えただけでナイトメアだったからです。
※ちなみに超シナモン味のリキッド「BOOYAA HOT SHOT」は吸いこむ事さえできませんでした。

そんなある日のこと、以前から仲良くしていただいている小麦粉大好きウドンベイパ―さんからThe Muffin Manをおすそわけしていただけることになりました!
ウドンさん、いつもありがとうございます!!
だけどこれ送ってきたレターパックの品名欄に「わたしの体液」って書くのはやめてください!
というわけでThe Muffin Man、早速レビューしてみましょう!

One Hit Wonder The Muffin Man 詳細


One Hit Wonder The Muffin Man

ニコチンゼロ
180ml
US製
VG/PG比 8:2
市場価格 \7,800~

ベーカリー系リキッドにはニコチン添加が俺的にデフォなので、6mg/mlくらいのニコチン濃度になるように調整しました。
いつものように0.8Ωのrussianに15Wでパフってみます。

 

「スコーーーーー、プッハーーーー!!」

 

「ご注文はお決まりでしょうか?」

 

「ホットアップルパイ一つ。
だがしかしパイとパイでパイを挟んで食べさせてくれ。
言ってる意味はわかるな?」

 

「こ、こうでしょうか?」

 

「そうだ。それでいい。」

 

「ご、ごゆっくりどうぞ。」

 

「うむ、こいつは美味い。ホットだ。実にホットだ。」

 

「お、お客様!そのパイは違います!アップルパイは真ん中の、」

 

「いや、違わない!」

 

「くっ、くふぅうう!」

LINEはおろかスマホさえなかったその昔、出会い系サイトで知り合ったマックアルバイト歴1ヶ月のJKとマクドナルドごっこしながら食べたあのアップルパイの味がします。
全裸にマックのサンバイザー&ルーズソックス、これ最強。

The Muffin Man、これはやばいです。めちゃくちゃ美味しいです。
トップノートに卵、バター、ミルクをふんだんに使った焼きたての甘いマフィン、そのすぐ後を追いかけるように酸味の効いたジューシーなアップル。
ミストを吐くとそれらが絶妙なバランスでミックスされて実にほっこりとしたスイーツ風味、アフターテイストにほんの少しのシナモンが香って大変スッキリとした余韻を楽しむことができます。
身近な食べ物で言うならばマックのアップルパイを想像いただくとわかりやすいかもしれません。

しかしかなりのスピードでスティープが進むらしく、タンクに入れてほおっておけば2、3日でマックのパイが有名パティスリーの極甘完熟アップルパイに大変身。
このスティープ3日目あたりのヤツを吸うのが最高に美味しくて、

 

「180mlなんてすぐに無くなっちゃうから買っちゃいなよ?CHKに在庫あるよ?またマクドナルドごっこしようよ?」

 

どこからともなくあの時のJKにそっくりな声が聞こえてきてまさにナイトメア。
というのもマクドナルドごっこした日の帰りにそのJKが事故に遭って亡くなっっちゃたんですよね。
お盆も近いしたまにはこういう終わり方で、ひとつ。

評価(5段階)
果実感        ★★★★☆
甘さ         ★★★★☆
再現度        ★★★★★
アップルパイ感    ★★★★★
総合評価       ★★★★☆