美少女海女の物語! SF Vapery Sunshine Bayレビュー


日本でももうすっかり有名になったリキッドメーカー、SF Vapery。
今日はSpinfuelアワードには選ばれなかったものの、個人的にSF Vaperyの中で最もお気に入りのSunshine Bayのレビューです!

商品提供 ベプログショップ

SF Vapery Sunshine Bay

US製
30ml(画像は15ml)
VG/PG比 MAX VG(オーガニックVG使用)
市場価格 2,800円

SF Vaperyのリキッドはラベルにプリントされたシュールな魚のイラストからも分かるように、すべて海にちなんだ名前がつけられています。
陽が差す入り江と名付けられたこちらのリキッドは、トゥッティフルッティとマシュマロのミックスで、そのフレーバーはガムやキャンディなどの赤ぶどう味を連想させるとのこと。
いつものようにニコチンを添加し、1Ωのrussianに17Wでパフってみました。

 

「スコーーー、プハ、
うおおお!?コイツは爽やかだぜ!!」

 

美味しいシーフードが食べたくなって訪れた小さな漁村で、中学卒業と同時に海女デビューしたばかりという民宿の一人娘さやちゃんが、潮焼けした髪を風になびかせながら籠いっぱいのアワビをかついで海から上がってきたところをロックオン、旅番組でよくある浜辺で海女さんがアワビ食べさせてくれるアレをやってくれと要求するも店に来いの一点張り、それならこっちのアワビを食わせろとウェットスーツをひん剥こうとした瞬間頬を真っ赤に染め、もじもじとうつむき加減で少し離れた岩場を指さすさやちゃん。
ナマコが貼り付く岩場の陰で、

 

「やっぱりさやちゃんのアワビは最高級品だな!」

 

「んひぃ!身がしまっておいひぃれひょ?」

 

「そうだ、ナマコさんにも食べさせてあげよう。」

 

「えっ、イヤっ!ナマコさんはイヤっ!」

 

慌ててナマコを手で払いのけるさやちゃん、岩場に転げ落ちたナマコから内蔵ぶびゅー。

 

「あーあ!ナマコさんかわいそう!海のお友達をいじめるなんてさやちゃんはイケナイ海女さんだ!」

 

「ひいいっ!ごめんなさい!ごめんなさ・・・んああああっ!」

 

まだ小さめではあるもののさやちゃんのアワビを思う存分堪能した後、喉の渇きを潤すため漁協で買って飲んだあの時のフルーツ味のジョアの味がします。

これは美味しいですね。
トップノートにやわらかな酸味、ミストを吐き出すとバランス良くミックスされたフルーツフレーバー、エンドノートにかすかに香るバニラがとても心地よいです。
赤ぶどう味のガムやキャンディというよりは、マーメイズミルクと同じくフルーツがたっぷり入ったヨーグルトドリンクのような印象を受けました。
パッと吸って直感的に美味しいと感じられる軽快なフレーバリングは、吸いやすくて飽きが来るのが早いかなと思いきや意外に奥行きのある味わい。
ちなみに開封したてよりも2週間ほどスティープさせた方がフレーバーの輪郭がはっきり出てきて美味しいと思います。

 

評価(5段階)
果実感        ★★★★☆
甘さ         ★★★★☆
再現度        ★★★★★
ケミ臭        ☆☆☆☆☆
美少女海女度     ★★★★★
総合評価       ★★★★☆