ブランデー香るアップルカスタード 絆 APPLE CUSTARDレビュー!


ここ数年で一気に増加した和製ハンドクラフトリキッドベンダー。
いわゆる家内制手工業であるハンドクラフトリキッドは音楽で言うならインディーズ、漫画で言うなら同人誌といったところでしょうか。
しかし中には大手メーカーよりはるかに美味しいリキッドをリリースしているベンダーも存在しており、侮ることはできません。

さて、今日はいよいよ今年から本格的に稼働し始めた国産新ハンドクラフトリキッドベンダー「絆(Kizuna)」第一弾リキッド、APPLE CUSTARDのレビューです!
絆 APPLE CUSTARDレビューはKizuna E-Liquidさんの提供でお送りします。

絆 APPLE CUSTARD

国産
ニコチンゼロ
30ml
VG/PG比 7:3
市場価格 2300円

APPLE CUSTARDは2種のリンゴにカスタードクリーム、そしてブランデーが香るオトナ向けのスイーツリキッド。
特にクリームフレーバーには力を入れているようで、カスタード以外に2種のクリームをミックスしているとのこと。

 


ベンダーのオススメセッティングは0.3Ω~0.8Ωのタンクに25W~35W。
今回は0.6ΩのHurricaneに25Wでパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

トップノートはほのかなアップル、すぐ後にまろやかなカスタードクリーム、ミドルノートからエンドノートにかけて華やかなブランデーの香りがそれらをしっかりと包み込みます。
決して主張しすぎずしかし存在感のあるアップルは赤リンゴと青リンゴのいいとこ取り、まろやかなカスタードクリームはバニラカスタードというよりはクリームに重きを置いた印象でくどさや癖が全くありません。

特筆すべきはアクセントになっているブランデー。
これがアップルとカスタードという互いに性格の異なるフレーバーを実にナチュラルにまとめており、まるで上質なスイーツはたまたカクテルのような雰囲気すら感じさせてくれます。
もうね、フレーバリングセンスハンパない。
USリキッドと言われても分からないくらい奥行きのあるフレーバーです。

また、スティープによる味の変化が楽しめるのも大きなポイント。
ニコチン添加後3日もすればクリームの甘さが引き立って来ますのでちょっと我慢して育ててあげましょう。
個人的には0.6mg/ml程度にニコチンを添加し3日スティープしたものを1ΩのNectarに16WでMTLがスウィートスポットど真ん中でした。
どんなセッティングでも美味しく味わえる安心感・安定感が嬉しいですね。

新しいカルチャーの始まりはアンダーグラウンドから。
VAPE自体がカウンターカルチャーと言ってしまえばそれまでなのですが、スノッブなベイパーになり下がる事なくVAPE愛に満ちた美味しいリキッドを作り出してくれるハンドクラフトリキッドベンダーたちに尊敬の念を抱かずにはいられません。

並はずれたフレーバリングセンスがキラリ。
国産ハンドクラフトリキッド 絆 APPLE CUSTARDはベプログショップにて好評発売中です。
お買い求めはこちらからどうぞ!

評価(5段階)
果実感           ★★★☆☆
甘さ            ★★★★☆
再現度           ★★★★★
とろけんばかりのスイーツ感 ★★★★★
総合評価          ★★★★☆