VINEGAR WORKS FLOYD RDA レビュー

VINEGAR WORKS最新作!
ボトムエアフローのシングルコイルドリッパー、FLOYD(フロイド)のレビューです!
※商品提供 Vaper’s Nest

 

VINEGAR WORKS FLOYD RDA製品詳細

直径22 x 23.5mm
材質SS316L
エアフローボトムエアフロー
デッキシングルコイルビルドデッキ
エアフローコントロール有り
BFピン付属

 

セット内容
FLOYD RDA本体 x 1
BFピン x 1
スペアノーマルピン x 1
スペアOリング(デッキ用 x 2 , AFCピン用 x 1 , ドリップチップ用 x 2)
スペアスクリュー x 2
アレンキー x 1

 

VINEGAR WORKSとは?


2019年末にスタートしたVAPEメーカー。
取り回しの良い22mm径でありながら、デッキ内径を12mmまで狭めることでフルフレーバーな味わいを実現したANTIQUITY RDA、そのコンセプトはそのままに、リキッド保持量の強化と各所にリファインが施されたANTIQUITY RDTAを立て続けにリリース。

いずれもFBのグループでリスト販売後にVaper’s Nestさんにて一般販売が開始されましたが、未だに入荷されてはすぐSOLDになってしまうという高い人気を誇っています。
また、キャップやタンク、ドリチなどのカスタムパーツが豊富にラインナップされているのも魅力の一つです。

ANTIQUITYシリーズのレビューはこちらをご覧ください。

VINEGAR WORKS ANTIQUITY RDAレビュー
今日のレビューはVINEGAR WORKS ANTIQUITY RDA(ビネガーワークス アンティクウィーティRDA)。 他に類を見ない革新的な構造と、理にかなったコンセプトが特徴のRDAです。 VAPEアトマイザー史に間違...
VINEGAR WORKS ANTIQUITY RDTAレビュー
ローハイトデザイン&ナローデッキが大人気のRDA「ANTIQUITY(アンティクィーティ)」にRDTAが仲間入り! 今日はVINEGAR WORKS ANTIQUITY RDTAのレビューです! ※商品提供 Vaper's Nest...
Antiquity RDA オプションパーツレビュー
リストックされるや否や即日SOLD! 絶大な人気を誇るRDA「Antiquity(アンティクィーティ)」に、バリエーション豊かなオプションパーツが追加されました。 今日はウルテムキャップ3種と、ウルテムドリップチップのレビューです!...

 

前作とは全く異なるRDA


FLOYDはボトムエアフローのシングルコイルドリッパー。
直径22mm、材質はメディカルグレードのSS316L。
ドリップチップとトップキャップにはぞれぞれ2本のラインが入っているのみ。
超シンプルでストイックなデザインです。

 

スレッドは510、コンタクトピンは結構突出しているのでメカニカルMODでの使用も安心。
さりげなく入った「お酢の瓶」のロゴがかわいい。

 

トップキャップとドリップチップはこんな感じ。
トップキャップ上部が取り外せそうに見えますがあくまでこれはデザイン。
またドリップチップはかなり薄く作られており、できる限り内径が広く取られていることが伺えます。

 

トップキャップ上部は全面フラット。
いろんな形状のドリップチップにフィットしそうです。

 

トップキャップ裏側を見てみましょう。
天井の部分がとても緩やかなカーブを描いているのがわかるでしょうか?
もうこの形状だけで「美味しそう」と思えてきます。

 

SnapDragonやMAGMAを彷彿とさせるボトムエアフローの2ポストデッキ。
エアーは下部のエアホールから吸気され、デッキ内のエアホールへと運ばれる仕組み。
エアホールは入り口も出口も両方1.6mmです。

 

ウエルは結構深く、十分なリキッド保持量が期待できそう。
ウィックを置く為の窪みがちゃんと存在するのもいい感じ。
デッキ内にはエアフローコントロールピンが搭載されています。

 

エアフローコントロールピンは全閉で激重、完全開放で軽いMTL。
ホールの大きさにして1.1mm~1.6mmのコントロール幅。
エアフローコントロールって一度決めたらほとんど触らないので、それをデッキ内に収めるという発想は非常に合理的。
そのメリットとしてエアフローコントロール周辺からのリキッド漏れの心配が無くなるし、デザインもシンプルにできる。
ちなみにエアフローピンには同梱のちいさなOリングを取り付けられるようになっていますが、デフォルトは装着されていませんのでお好みで。

 

コンタクトピンを緩めるとFLOYDの完全分解が可能。
付属のBFピンに換装すればスコンカーでも使用できます。

 

大きさも形状もそれぞれ異なるパーツ構成のため、バラしても組立はラクラク。
インシュレーターにはなんとウルテムが使われています。

 

FLOYDをビルドしてみよう


FLOYDのビルドは超かんたん。
コイルの両足をポストに差し込み、付属のアレンキーでスクリューを締めて固定するだけ!
このタイプのデッキはビルドもコイル微調整も簡単にできるのが嬉しい。

 

ホットスポットを除去したら、あとはウィックを通してウエルにモフッと垂らせばOK!
ちなみに写真のビルドはKa28G 2.5mm 6wrap 1Ω。
しかしKa26Gで組んだ方がより美味しかったので、現在はKa26G 2.5mm 6wrap 0.8Ωに落ち着きました。

 

また、コイルの位置はエアホールよりもかなり上がおススメ。
ポストより2mmくらい高い位置、これくらいが個人的にベスト。

 

豊富なオプションパーツ


FLOYDにはANTIQUITYシリーズと同じく豊富なオプションパーツが用意されています。
・トップキャップ(クリア / ウルテム / ブラックウルテム)
・ドリップチップ(クリア / ウルテム / ブラックウルテム)
写真はウルテムキャップとウルテムドリップチップ。
MODによって着せ替えができるのも楽しみの一つですね。

 

フィッティング


Kitchenとのフィッティング。
そこそこ背の高いシルエットのFLOYDは、細長いMODと相性バツグン。
キャッチカップにエアホールが半分くらい隠れてますが使用に問題はありません。

 

ウルテムキャップ&ウルテムドリチに換装し、Hastur Modに合わせてみました。
これも文句なしの組み合わせ。
バッチリキマってます。

 

これがPicoだとどうなるか?
実はPicoにもシンデレラフィット。
絶妙な高さのFLOYDは、乗せるMODを選びません。

 

FLOYDはピコンカーでも使用可能!
筆者はピコンカー+FLOYDの組み合わせでガンガン使いまくっています。

 

使用感

濃厚できめ細やか、非常に落ち着いた味わいです。
ボトムエアフローのドリッパーにありがちな荒々しさは皆無。
ドリップチップ直下にコイルが無い構造のため、発生したミストがトップキャップ裏側を這ってドリップチップへと運ばれる過程で何かしらの「ミストの改善」が行われている気がします。

リキッドの再現度は極めて高く、ベースフレーバーは大変豊かで上モノは目を見張るほど鮮やか
同じリキッドを他のアトマイザーと吸い比べてみるとその違いは明らかで、筆者の常喫リキッド「Dark Menthol」の場合、ベースの甘さとコクがブーストされ、上モノのウッディなフレーバーはより爽やかに感じられました。
現時点で筆者はFLOYDで吸うDark Mentholの味が一番お気に入り。
FLOYDは吸いなれたリキッドの美味しさを再発見させてくれるかもしれません。

また、ボトムエアフローでありながらコイルの高さによってフレーバーに変化が出るのも面白い。
ほとんどのボトムエアフローのドリッパーって、だいたいコイルの位置は決まっていてポン置きでほぼ均一な味が出る。
もちろんそれも「良さ」の一つなのですが、FLOYDはそこにある程度の「自由度」を持たせているところにグッと来ました。
バチっとキマるセッティングを探すというRBAの醍醐味がFLOYDにはあります。

ドローに関してはエアフローコントロールピン全閉から1/4回転させたくらいのドローがちょうど良い感じ。
ちなみにエアフローコントロールピンはデフォルトのままOリング無しで使っていますが、通常使用においてエアホールからのリキッド漏れはまったく発生しませんでした。

また、トップキャップの脱着はAntiquityシリーズよりも容易。
Oリングがよじれることもなく快適に脱着できます。
さらに言うとエアホールを持たないトップキャップのため、装着時に位置を気にする必要がありません。
これが本当にめちゃくちゃラクで、運転中なんかでも超スムーズにリキチャできちゃいます。

味、ルックス、ビルドしやすさ、使いやすさ、そして何より楽しさ。
すべてに置いて大変突き詰めて考えられた、大変良いアトマイザーだと思います。

 

総評

 

FLOYDマジヤバい。

 

その性能と品質の高さは先述の通り。
さらにFLOYDの随所から見て取れるVINEGAR WORKSのMTLアトマイザーに対する考えや主張は、どれも痒い所に手が届く物であったり、舌を巻く物であったりと、使う者を大いにワクワクさせてくれます。

カッコ良くて美味しいドリッパーが欲しいのにイマイチ欲しい物が見当たらないという方、いらっしゃいませんか?
MTL向けボトムエアフロードリッパーのリリースが多くない中、FLOYDの登場はとても喜ばしい事。
VINEGAR WORKSの製品すべてに言えることですが、良いものを長く使いたいと考えるベイパーさんにおススメのアトマイザーです。

VINEGAR WORKS FLOYD RDAは2021年7月18日17:00よりVaper’s Nestさんにて販売開始!
お買い求めはこちらからどうぞ!

Vaper's Nest
Vaper's Nestのネットショップです

 

お買い忘れはないですか?
RBA
Vapezine VAPEレビューブログ ベプジン
タイトルとURLをコピーしました