たまに書くならこんな記事。VAPE散歩 Vol.1


たまに書くならこんな記事、続くかどうか分からないVAPEZINEの新企画「VAPE散歩」
記念すべき第一回は、筆者の生まれ育った三重県津市をVAPE片手にぶらぶら散歩してきました!

 

ものっそ田舎のどかでしょ?

 

 


県庁所在地ではあるものの、町はずれはだいたいこんな感じ。
ちなみにここは筆者の実家周辺。
クワガタ捕り、基地作り、探検ごっこ、サバゲ―などで走りまわった少年時代の遊び場です。

 


用水路と水門ときたらザリガニ捕り。
春になるとカエルの卵がびっしり浮かんでホラーな気分を味わえます。

 


筆者が通っていた小学校。
生徒数激減により廃校の危機にあると言われてはや10年。
なんとか廃校だけは避けていただきたい。

 


校舎の裏に植えられているプラタナス。
イイ感じに色づき始めてたのでパシャリ。
街の方はもう紅葉が始まってるかな?

 


ということでクルマで移動すること約10分、津市の中心部に位置するお城公園に到着。
春は桜、秋は紅葉を楽しむ人でにぎわいます。
ここが「ポケストップ」になっていた頃は、スマホガン見しながら園内をゾンビのように徘徊する老若男女でごった返していて実に居心地悪かったのを覚えています。

 


今年は秋の気温が高かったせいで紅葉はまだ始まったばかり。
あと一週待つべきだったか。

 


しかし天気は雲一つ無い見事な冬晴れ。
銀杏の黄色と青空のコントラストが実に鮮やか。

 


少し肌寒かったけどベンチに腰掛けてVAPEでひと息。

 


紅葉を眺めながら外で吸うVAPEは格別。
もちろんリキッドは筆者の大好きなTom Klark’s Dark Menthol。
ハーバルな香りとほのかなミントの甘さがたまりません。

 


ちょっと歩いてみました。
国道沿いに残る昭和。
おそらくダンス教室があったのでしょう。
70年代っぽいロゴやデザインがなんともサイケデリック。
ちなみにその昔、このビルの1~2階部分には「おもちゃのウシバ」なるおもちゃ屋があり、毎週のように友人たちとエアガンを見に行ってました。
マルイの1900円シリーズはもちろん、MGCやコクサイ、マルゼン、マルシンなどのガスガンまで品ぞろえ豊富で胸アツだったのを記憶しています。

 


国道から東へ向かうと津ヨットハーバー。
毎年8月には津花火大会が開催されます。

 


ここはハゼやアイナメが釣れるようで昔から釣り人が絶えません。
いわゆる投げ釣りですね。
友人たち数名と一緒に釣りに来た際、とある友人が遠投を狙うも手元が狂ってまさかの首筋に針がブッスリ、「自分釣っちゃった事件」が発生した忌まわしき現場でもあります。
首筋に刺さった針の根元でうねうねと蠢くゴカイを見て大爆笑だった事は言うまでもありません。

 


そろそろ日が暮れてきたので再び実家のほうへ。
夕日に染まる田園。
筆者が子供のころ毎日見ていた風景です。

 


バイバーイ!の声とともにチャリを漕ぐ音が聞こえてきそう。
ノスタルジック津。
また帰って来るよ津。

お買い忘れはないですか?

VAPE散歩
Vapezine VAPEレビューブログ ベプジン
タイトルとURLをコピーしました