【誰得】イノキンのクリアロ、iclear16を分解してコイルを巻きなおしてみた


もう誰も使ってないであろう古き良きイノキンのトップコイルアトマイザーiclear16。
ドローの重さや味はともかく、軽くてプラ製だから落っことしても平気!で手軽に使えるヤツだったんですが、とうとうコイルの寿命が来てしまい激しくイガってきました。
交換用コイルユニットを買うのももったいないので、リビルドして復活させてあげることにしましょう。


まずは汚れたコイルとウイックを上部から引っこ抜き、次に爪楊枝などで上からポジティブピンを押し出してやります。


ポジティブピンがはまっていた白いインシュレーターとその奥にあるシリコンリングをピンセットで取り出します。


次に30Gのカンタルを2mm径で4ラップ巻いて1.5オームのコイルを作り、コットンを通しておきます。


ここでオームテスターにて抵抗値をチェック。
1.53オーム、ショートもしていないようなのでOKですね。
ちなみにこのアトマ、本来はデュアルコイルの物なのですがリビルドが超面倒だったのでシングルに急遽変更しました。
自分、不器用っすから…(泣
さて、コイルをデッキにセットしたら前回の記事と同じくコイルの片足のみをシリコンキャップとインシュレーターの中に通してコイルを固定します。
ここ超苦戦したので写真がありません。


トップキャップを閉めてリキッドチャージしたらOKです。
早速voodooを吸ってみましょう。

ぐはぁっ!!味うっす!!!

コットン詰めすぎたのかシングルコイルにしたのが原因なのか、ミストの量は申し分ないのにいかんせん味が出て来ません。
6Wから徐々にワット数を上げて行って10Wくらいでようやくvoodooの味が出てきたかな?って程度。
結構苦労したのに残念だなぁ。
というわけでiclear16は大人しくリプレース用コイルを買った方がよさそうです。
買わないけど(笑)