激ウマ。Tom Klark’s DARK MENTHOL レビュー

大注目のジャーマンリキッド、Tom Klark’s DARK MENTHOLのレビューです!

 

Tom Klark’s DARK MENTHOL

原産国ドイツ
内容量60ml
ニコチン0mg
VG/PG比70:30
市場価格2894円

 

メーカーキャプション要約

Tom Klark’s DARK MENTHOLは、メンソールが苦手な方でも納得いただけるスペシャルブレンド。
メンソールの強さは高温で弱まり低温で強まるので、自身の好みに合った吸い方で楽むことができます。
従来のメンソールリキッドによくある冷たいアイスキャンディーフレーバーではありません。
もちろんケミカルな後味もありません。
それはまるで森に生い茂るエキゾチックな木々、熱帯雨林を吹き抜けるそよ風のように清々しくも幽々としており、草葉の露を味わうが如く自然本来のフレーバーをお楽しみいただけます。

 

Tom Klark’sとは?

Tom Klark’sは2014年、ドイツはベルリンにて創業のVAPEリキッドメーカー。
12~15種のフレーバーを用い、他のリキッドメーカーとは一線を画す繊細で複雑なリキッドを作り続けています。
今では「ドイツのリキッドと言えばこれ!」というほど有名なブランドだそうです。


創業者 Tom Klark氏

 

テイスティング

いつものようにニコチンを添加し、0.9ΩのTaifun GTRと1.2ΩジェネシスビルドのOrigen Dripperでそれぞれパフってみました。

 

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

 

もうね、めちゃくちゃウマい。

 

 

1パフするや否やハーバルでスパイシー、そしてウッディーなフレーバーが口の中いっぱいに広がります。

「朝もやがかった森林の、凛とした空気というイメージでしょうか。

アニスやリコリス、湿布のような尖ったフレーバーではありません。
なんとも形容し難いのですが、強いて言うなら仁丹のようなニュアンスが感じられます。

 

ちなみに甘さとメンソールはごく控え目。
ワッテージによる変化が分かるのはメンソールではなく森林の香り。
高ワッテージにすると強く、低ワッテージで穏やかになります。

個人的には1Ω前後のビルドであれば15~16WくらいにMTLがベスト。
ニコチン添加も3mg/ml程度に抑えてまったりとチェーンするのが美味しく感じました。

 

また、ジェネシスで吸うとVG由来のほのかな甘さが影を潜め、よりクリアなテイストに昇華。
それはまるでもやが晴れた森林のよう。
13~14WあたりにMTLが個人的にベスト。
やはりどれだけチェーンしても飽きが来ない、珠玉のADVフレーバーを堪能できます。

 

Tom Klark’s DARK MENTHOLは個人的メンソール/ハーブリキッドランキング2019に間違いなくノミネート。

 

個性的なリキッドが好きな方
ADVできるリキッドをお探しの方
ハーブは好きだけどアニスは苦手な方

どれか1つでも当てはまる方には超絶オススメです。

 

Tom Klark’s DARK MENTHOLはVaper’s Nestさんにて大好評発売中。
お買い求めはこちらからどうぞ!

評価(5段階)
ハーブ感   ★★★★★
メンソール感 ★☆☆☆☆
甘さ     ★★☆☆☆
森林感    ★★★★★
総合評価   ★★★★★