りきっどや バニラタバコレビュー

コスパに優れた格安大容量VAPEリキッド「りきっどや」シリーズに新フレーバーが仲間入り!
今日は「りきっどや バニラタバコ」のレビューです!
※商品提供 ベプログショップ

 

りきっどや バニラタバコ


ブランド りきっどや(LIQUID YA)
商品名 バニラタバコ(vanilla tobacco)
生産国 日本
ニコチン 0 mg
VG/PG比 60:40
容量 30 ml、100 ml
主成分 植物性グリセリン / プロピレングリコール / 香料
価格 864円、1620円

メーカーキャプション

バニラ系のタバコを彷彿とさせる甘さを控えた、ほろ苦く深みのあるフレーバー。
チェーンにも最適で飽きがこない、愛煙家も唸るバニラタバコの王道のリキッドが誕生しました。

 

テイスティング

バニラ+タバコと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、グーフィ氏によって広められたVCT。
VCTがバニラタバコのデファクトスタンダードと考えるのは恐らく筆者だけではないはず。

りきっどやのバニラタバコはVCTに近い味なのか?
全く違うけど美味しいバニラタバコなのか?
それともそれ以下なのか?

いつものようにニコチンを6mg/ml程度に添加し、0.8ΩのHussarRDTAに20Wでパフってみました。

 

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

 

あ、非VCTです。

 

トップノートは全然バニラっぽくないバニラ。
ミドルノートからエンドノートにかけてはSAROME特有の個性的なタバコフレーバーがたちどころに広がります。

 

クセは無くて吸いやすいんですが、残念ながら単調で薄っぺらい。
まずくは無いけど旨くもないという中途半端な味わいです。
りきっどやのローンチタイトル「グランドタバコ」のような複雑さは全く感じられません。

 

う~ん、正直がっかり。
我が道行きすぎて置いてきぼり喰らった感否めない。
個人的には「バニラ」を謳っている以上、GVCやVCTのようなバニラ感が欲しかった。
たばこフレーバーに関してもDLで吸ってようやく「あ、タバコっぽい」と気づく程度。

 

質より量を求めるベイパーさんや、プルテク補充リキッドとして使いたい方向けです。
りきっどや バニラタバコレビューはベプログショップにて発売中。
お買い求めはこちらからどうぞ。


評価(5段階)
たばこ感    ★☆☆☆☆
甘さ      ★★☆☆☆
再現度     ★★☆☆☆
置いてきぼり感 ★★★★★
総合評価    ★★☆☆☆