よくやったニコチケ。 Nicoticket Custard’s Last Stand Chubby Corilla レビュー


今日のレビューはニコチケのバニカス、Custard’s Last Stand(カスターズラストスタンド)!
ニコチケ復活にあたりリファインが施されているようです。
新旧フレーバーの違いも含め、早速レビューしてみましょう!

Nicoticket Custard’s Last Stand Chubby Corilla レビューは、国内外の激ウマリキッドはもちろんのこと、最新MODからアトマイザーに至るまで充実した商品ラインナップが魅力の電子タバコ専門店、VAPE COLLECTIONさんの提供でお送りします。

Nicoticket Custard’s Last Stand Chubby Corilla


US製
60ml
ニコチンゼロ
VG/PG比 7:3
ベプログショップ価格 3280円

 

Custard’s Last Stand(CLS)とは?

まずは旧Custard’s Last Standのおさらい。

ニコチケのバニカス! NICOTICKET Custard's Last Standレビュー
バニラカスタード、通称バニカスと言えばかの有名なGVCを筆頭に電子タバコリキッドメーカー各社がそれぞれ趣向を凝らした製品をリリースしている非常に人気の高いフレーバー。 同じフレーバーなのにメーカーによって全く違う表情を見せるバニラ...

バニラのクオリティに定評のあったNicoticket。
旧Custard’s Last Standはスティープ無しでも楽しめるクセのないバニカスでした。

新Custard’s Last Standの変更点は?

ベプログショップの中の人がニコチケオーナーから聞き出した情報は以下の通り。

1.バニラ香料を自家製二倍濃縮バニラに変更。
2.スイートナーを減らしてコイルへのダメージを軽減。
3.サブオームでの運用に合わせて調整。

バニラ香料を変更したというのが気になります。
果たして吉と出るか凶と出るか!?

Custard’s Last Stand テイスティング

いつものようにニコチンを添加し、1ΩのJorda B RDAと0.35ΩのTwisted Messes24でそれぞれパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

Jorda B RDA 1Ω 18W

これは当たりです!
よくやったニコチケット!
スティープなしでも十分甘~い、良い意味でわざとらしいくらいのバニラカスタードフレーバーはおおむねCustard’s Last Standです。
元祖Custard’s Last Standに比べるとほんの少しだけ薄く、また若干フルーティになったような気もしますが全然許容範囲。
新しくなったワコンダ、ウイルス、ベテルギウスが原作レイプ並みの再現度だったことを考えると、Custard’s Last Standはあのころのニコチケを忠実に再現してくれたと言えるでしょう。

Twisted Messes24 0.35Ω 40W

シンプルなフレーバーだからか、低抵抗でもその味がブレないですね。
甘さは若干引っ込むものの、ちょっぴりフルーティなバニラカスタードは健在。
セッティング問わず気軽に美味しく楽しめるのがCustard’s Last Stand最大の魅力かもしれません。

ガンクもさほど多くなくて十分実用的。
味とコイルへのダメージを天秤にかけても、余裕で毎日ガンガン吸えるレベルです。

MTL、DLともに納得の吸いごたえ!
生まれ変わったNicoticket Custard’s Last Stand Chubby Corillaはベプログショップにて絶賛発売中!
お買い求めはこちらからどうぞ!


評価(5段階)
お菓子感       ★★★★★
甘さ         ★★★★☆
再現度        ★★★★★
よくやったニコチケ感 ★★★★★
総合評価       ★★★★☆