ハイボールというよりは… BI-SO Highballレビュー


国内最大手の電子タバコ用リキッドメーカーBI-SOから2017年冬の新作が一挙リリースされました!
今日は新作ラインナップ中最も気になるフレーバー、Highballのレビューです!

BI-SO Highballレビューは、国内外の激ウマリキッドはもちろんのこと、最新MODからアトマイザーに至るまで充実した商品ラインナップが魅力の電子タバコ専門店、VAPE COLLECTIONさんの提供でお送りします。

BI-SO Highball

国産
15ml
ニコチンゼロ
VG/PG比 6:4
ベプログショップ価格 1070円

メーカーのキャプションによると、「ウィスキーベースの定番カクテル ハイボールならではの爽やかな後味をお愉しみください!」とのこと。
いつものようにニコチンを添加し、0.8ΩのNectarに17Wでパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

第一印象はモスコーミュール。
ハイボールに添えられたレモンを再現するが如くシトラス感が強く、ベースになっているスモーキーなウィスキーフレーバーと相まってジンジャーエールのような風味を醸し出しています。
ピートの香りを狙ったウィスキーフレーバーは、となりの座敷の戸を開けたらヤンキー高校生カップルが激しく交尾にいそしんでそうな激安焼肉食べ放題チェーンの飲み放題メニューにあるハイボールのようなチープで尖がった味。
独特のアルコール感を併せ持っているため、同社のリキッド「肉野菜炒め」と交互に吸えばちょっとした居酒屋気分を味わえる事でしょう。

しかし何度吸ってもハイボールじゃなくてモスコーミュールなのはご愛敬。
常飲できるかどうかは別として、なかなか面白いリキッドに仕上がっているのでネタとしてはアリだと思います。

1パフでほろ酔い気分、思わず人に吸わせたくなるBI-SO Highballはベプログショップにて好評発売中。
お買い求めはこちらからどうぞ!

評価(5段階)
果実感           ★★★☆☆
甘さ            ★★☆☆☆
再現度           ★★★☆☆
やっぱりモスコーミュール感 ★★★★★
総合評価          ★★★☆☆