Joyetech eGo AIO Mansionレビュー


Joyetech eGo AIO Mansion(マンション)のレビューです。

なんだよ、またPODかよと思ったら大間違い。
eGo AIO Mansionは、CUBIS等のクリアロと同じ「BFコイル」を搭載したスタイリッシュなAIO MODだったのです。
早速レビューしてみましょう!
※商品提供 VapeSourcing

 

特長

・コンパクトなボディに汎用クリアロ用コイルを搭載!
・オートスイッチ/パフボタン両方搭載!

 

入っている物


eGo AIO Mansion、コイルヘッド2個、micro USBケーブル、マニュアル類、スペアパーツ

 

ディテール


こちらがeGo AIO Mansion。
筆者の中でマンションと言えば岡村靖幸にほかならないのですが、なるほどコイツはかなりマンションっぽいです。


岡村靖幸 どぉなっちゃってんだよ (1990)

 


ボディは亜鉛合金製。
それなりに重さがあって高級感があります。
サイドにはパフボタンとウィンドウ。

 


反対側にはmicroUSBポートとウィンドウがあります。

 


eGo AIOといえば例のタンクが7色に光るギミックがおなじみですが、もちろんこのマンションにも同等の機能を搭載。
マンションだけにちょっと夜景っぽいぞ。

 


マウスピースは薄く横長。

 


マウスピースを外すとコイルヘッド交換とリキッドチャージができます。

 

1.コイルヘッド交換方法


マイナスドライバーでアトマイザーベースを取り外します。

 


付属のコイルヘッドはBF 0.6Ω。
同じものがキットに2個入っています。

 


コイルヘッドをアトマイザーベースに取り付け、本体へ装着すればOK!
ちなみにアトマイザーベースにはAFCリングがついてますので好みのドローに調整可能。

 

2.リキッドチャージ方法


リキッドは、eGo AIO Manstion本体のキャップを外してチャージしましょう。
1のコイルヘッド収納部分にリキッドをチャージしないよう注意!

 


ニコチンを添加したELIQUID FRANCE PREMIUM VAPING Supremeをチャージ。
これ、Five PawnsのCastlelongにそっくりで激ウマなんです。

 

吸ってみた

意外や意外、美味しいです。

BFコイルは味が薄いという印象があったんですが、初代CUBISなんかに比べたら全然濃くて美味しい。
装着するデバイスによってかなり味が変わるんだなとしみじみ。

 

ミスト

ミストは少なめで薄いミストがふわーっと出る程度。
しかしこの子にミストは求めてないので問題なし。

 

ドロー

AFC全開で軽めのMTL。
ギリDLでも吸えます。
但しマウスピースの形状から見てもMTLでの運用がオススメ。
筆者はAFC1/2オープンにMTLがちょうど良い感じ。

 

気になった点

・ジュルります
これはBFコイルの宿命。
でも美味しいから許す。

・パフボタンが押しにくい
小さい上にほぼ本体とツライチ、しかもサイドについてるから親指で押しにくい。
それならオートスイッチで吸えばいい→アカンやっぱりパフボタンで吸いたい。
結果的にこれまでやったこと無いものすごい持ち方でMANSION吸ってます。

 

総評


eGo AIO Mansionはアリです。

ポイントは味そのものが美味しいのと、本体に高級感があって所有感が満たされる点。
先述の気になる2点をふまえても、総合的に満足度の高いVAPEデバイスだと思います。

 

ニコリキをMTLで楽しむのに最適!
まだ国内ではほとんど流通してない隠れた名機、Joyetech eGo AIO MansionはVapeSourcingにて大絶賛発売中です。
お値段なんと$27.10、お買い求めはこちらからどうぞ!
https://vapesourcing.com/joyetech-ego-aio-mansion-kit.html

 

Joyetech eGo AIO Mansionスペック


サイズ 17.5 x 33. x 103mm
重量 83.0g
バッテリー容量 1300mAh
タンク容量 2.0ml
付属コイル BF SS316(0.6Ω)
エアフローコントロール搭載
オートスイッチ/パフスイッチ切替可