激ウマADV。Tom Klark’s Tom Sawyer Classicレビュー

Tom Klark’sにハズレなし!

「Dark Menthol」でおなじみの「Tom Klark’s」によるもう一つのキラータイトル、「Tom Sawyer Classic (トム ソーヤー クラシック)」のレビューです!

 

Tom Klark’s Tom Sawyer Classic

生産国ドイツ
内容量60ml
ニコチン0mg
VG/PG比70:30
市場価格2894円

 

Tom Klark’s Tom Sawyer Classicとは?

Tom Sawyer Classicは、ドイツのリキッドメーカーTom Klark’sによるリキッドライン。
Tom Klark’sは筆者が愛してやまない「Dark Menthol」のほか、「Opium」、「PATISSERIE」、「LOVE」といった珠玉の激ウマリキッドをリリースしていますが、中でもTom Sawyerは「Classic」をベースに「FRUIT」、「SMOKY」、「DESSERT」と、4種ものバリエーションがシリーズ展開されています。

 

Tom Sawyer Classicのフレーバー要訳

Tom Sawyer専用に最適化されたベースリキッドに、12種に上るフレーバーをふんだんに使用。
一口吸えば、たくさんのフレーバーが凝縮されていることがすぐにわかります。
そのテイストは全体的にクリーミーで、どこかタバコっぽさを感じさせるのと同時にマイルドでフルーティー。
そして非常に繊細なウッドラフの香りが感じられます。

 

ウッドラフとは?


ウッドラフ(woodruff)とは「車葉草」の意。
葉を乾燥させたものは香料として、アイスクリーム、ビール、化粧品などの香りづけに用いられています。

 

テイスティング

さて、いつものようにニコチンを添加し、0.8ΩのHussar RDTAと1.1ΩのDvarw MTLでそれぞれパフってみました。

 

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

 

もうね、激ウマ。

 

フルーティーでありながら大変スムース。
しかしただのフルーツリキッドではなく、上等なパフュームに近い「やわらかくて丸みを帯びた」味。

これがウッドラフの香りなのでしょうか?
酸っぱさや爽快感を押し出したものフレーバーではなく、どこかホッコリするようなフレーバーです。

これがなんとも形容しがたいのですが、しかし適切に表現するのは至難の業。
「ウッドラフ」というキーワードひとつで片づけちゃうのもちょっともったいない。
実にレビュアー泣かせ。
ただ一つ言えることは「めちゃくちゃ旨い」ということ。

 

さらにTom Sawyer Classicは吸う度にいろんな表情が現れるのも特徴で、どこかプラムやチェリーっぽい瑞々しさが出てきたかと思いきや、クリームソーダのようなまろやかなフレーバーやジンジャーエールの後味にも似たすっきりした香りが出現します。

なおかつどこかTom Klark’sっぽいヒネリも効いていて飽きさせない。
Tom Klark’sにハズレなし、今まで以上にTom Klark’sが大好きになりました。

 

ちなみにTom Sawyer ClassicはDLでもMTLでも美味しいハイブリッドなフレーバリング。
個人的にはニコチンを添加してタンクでMTL、これ最強。
しかもDark Mentholと同じくガンクがつきにくい。
味も扱いやすさもトップクラスです。
Dark Mentholのように500mlボトル買っちゃうかも。

 

フルーツ&ハーブベースの激ウマADVリキッド「Tom Klark’s Tom Sawyer Classic」は、Vaper’s Nestさんで大絶賛発売中!
お買い求めはこちらからどうぞ!

Tom Klark's - Vaper's Nest
2014年創業のドイツのリキッドメーカー。かなり特徴のあるフレーバーが特徴で、ドイツのリキッドと言えばここ!なんだそうです。・TomSawyerClassicヨーロッパではハーブとしてビール等に使われる薬草のウッドラフの

 

評価(5段階)
果実感       ★★★★☆
甘さ        ★★★☆☆
再現度       ★★★★★
レビュワー泣かせ感 ★★★★★
総合評価      ★★★★★