VAPE リキッドレビュー WHITE RHINO MINTY LEMON

電子タバコを始めて数カ月、中華リキッドに始まり数々の地雷リキッドを経て、美味しいUSニコリキを暗中模索し続け偶然出会ったのがWHITE RHINO MINTY LEMON。
メンソール系、シトラス系はアトマクラッシュするのではないかと恐れていて手を出してなかったのですが、先日ニコリキを購入した際にオマケでついてきたんです。
今回はそんな偶然の出会いを果たしたリキッドをレビュー。

WHITE RHINO MINTY LEMON(10ml ニコチン12mg/ml)
US製
市場価格¥800~¥1,000
まずは香りのチェック。
うんうん。若干薄めではあるけれど酸味控えめのシトラスの香りとミントの香りが上品に感じられますね。
PGベースなのかリキッド自体サラサラしてます。
では早速味わってみましょう。スイッチオーン!
まずガツンとニコキック。
加えてペパーミントの清涼感。
煙を吐き出した時に香るわずかなレモンフレーバー。
これは●●味ですよ~的な電子タバコのフレーバリングというより、言われなければ何味かわかりにくいリアルフレーバータバコの味付けに近いですね。
味、香り、煙ともに控えめでFUMIに比べると癖が無くて吸いやすいです。
ちょっと物足りない時は香りの強いFUMIとカクテルにして吸うとこれまた美味。
ベースとしても使えるから重宝してます。
やっぱ自己主張しすぎてないから飽きが来ない味なんだろうなぁ。
「美人は3日で飽きるけどブスは3日で慣れる。」
いや、なんか違うな。
「結婚するなら派手な女じゃなくて家庭的な子」
みたいな、そんな感じでいつまでも連れ添っていたいリキッドです。
ちなみに心配していたプラ製アトマへのダメージは皆無でした!
■評価(5段階)
果実感     ★★☆☆☆
甘さ      ☆☆☆☆☆
メンソール感  ★★☆☆☆
再現度     ★★☆☆☆
ケミ臭     ☆☆☆☆☆
総合評価    ★★☆☆☆
※電子タバコはX6+V2アトマイザーで、スティープ無しのリキッドでレビューしています。
2015/2/16 エアロタンク+MVPで再レビューしなおしました。