あのリキッドと混ぜるとオトナになれるぜ!? Classified Crispレビュー


NICO SKYWALKERさんからのリキッドテロ第二弾!
「お口直しに」といただいたClassified E-liquidsのCrispをレビュー!

Classified Crisp 詳細

Classified E-liquids Crisp
15ml
ニコチンゼロ
US製
VG/PG比 5:5
市場価格 1500円~

Classified E-liquidsはリキッドメーカーBen Johnson’sのラインナップの一つで、ボトルラベルからもわかるように、ハンドメイド、癒しをコンセプトに作られています。
Crispはアップルとウォーターメロンのミックスとのこと。
これはナチュラルなフレーバーが楽しめそうですね。

ボトルを開けるとかすかなアップルの香り。
スイカは奥に引っ込んでるようです。
前回と同じく4.5ΩデュアルコイルのJAKIROで吸ってみましょう。

 

「おおっ!これはリアルなアップ・・・ゲハァッ!リンゴの皮と芯だぜこりゃ!!!!」

 

吸った瞬間はほんのり甘いリンゴフレーバー。
しかしミストを吐いた直後から一転してアクの強いリンゴの皮と芯の味が口の中に広がります。
多分これはスイカフレーバーが原因。
青臭いスイカがちょうどいい塩梅でリンゴの皮と芯をシミュレートしてます。
そういう意味ではリンゴという果実をあますとこなく再現してしまったリアルなリキッド。

かの有名な美食家、北大路魯山人はアンコウを食す際に「身はいらないよ」と、皮と肝を好んで食べたといいますが、さすがにリンゴは身だけの方が美味しいです。
ここでちょっとひらめきました。
KAMIKAZEのさとみとミックスしたら完全なるアップルメンソールになるんじゃね?と。
さとみ3、Crisp1、フロツン少々の割合でミックスしたところこれがもうバッチリで、酸いも甘いも一通り経験したオトナのさとみに生まれ変わりました。


これが、


こんなふうになった感じ。

単体で吸うのはちとキツいけど、他のリキッドとカクテルするといいアクセントになって使える1本。
命名、さとみチェンジャーということでひとつ。

■評価(5段階)
果実感     ★★★★☆
甘さ      ★☆☆☆☆
再現度     ★★★★★
ケミ臭     ☆☆☆☆☆
チェンジャー度 ★★★★★
総合評価    ★★★☆☆