女子専用電子タバコ!? LAMBO SAKURAレビュー


ポップでキッチュなデザインに思わず

「これかわいくなくなくなーい!?」

「なになになにー?うっわ超ヤバいっす!」

と女子ウケ間違いなしの電子タバコ、LAMBO SAKURA。
LAMBO SAKURAは中国のfashow社の電子タバコ。
このメーカー、昨年末あたりから日本でのプロモーションに力を入れており、日本語じゃない日本語を駆使してなんとか市場を開拓しようとするも、ただただ怪しさだけが目立ってしまいなかなかバイヤーに恵まれないという不具合に苦しんでいるようです。

同じく中国のlriderというメーカーにもLAMBOの名を冠した製品があることから両社は関連会社なのではないかと思われますが、こちらは日本のショップでそこそこ取り扱いがあるようですね。
さて今日はそんな不遇な運命を辿りながらも「女性向お手軽電子タバコ」という明確なコンセプトを打ち出しているfashow社の意欲作、RAMBOSAKURAのレビューです!
LAMBOのmagicさん、商品提供いただきありがとうございます!

LAMBO SAKURA 詳細

外観・スペック

LAMBO SAKURA(ホワイト)
・サイズ: D11.2xL82.1mm
・電圧: 4.2v
・バッテリー容量: 400mAh


パッケージには「純粋、高貴、暖かい、スリムサイズで現代女性の選び!!」と書かれてますので見なかったことにしましょう。

 


こちらがセットの内容。
・Lambo Sakuraバッテリーx1
・Lambo Sakura アトマイザー x1(プリセットコイル2.2Ω)
・交換用コイル(2.2Ω) x3
・USB充電器 x1
・日本語説明書 x1


実際に手に取って見るとあまりの軽さにびっくり!
ホントにバッテリー入ってるのかと心配になるほどです。
本体とアトマイザー全面に桜や蝶のデザインが施されていて統一感がありますね。
カラーバリエーションは、ホワイト・ブラックの2種。


本体底面にはおしゃれな桜のワンポイント。


ファイアボタン5クリックでスイッチオン、オフができます。
ファイアボタンに書かれた頭文字「L」が妖しくブルーに光ってカッコいい!
VV/VW機能はなく、4.2V固定電圧です。


スレッドはなんと510規格。


アトマイザーはプラスチック製でドリップチップは固定、iClear16Bっぽい作りです。


こちらが専用のコイルユニット。
kangerの旧ボトムコイルユニットにかなり似ていますのでリビルドできそうです。

吸ってみた

さて、このへんで実際に吸ってみることにしましょう。
アロエドリンク味のおいしいリキッド、flavies VIVIANをアトマイザーに注入し2~3分放置、女子っぽく小指を立ててパフってみました。

 

「シュコーーー、プハーー・・・。」

 

ドローは重すぎず軽すぎず、リアルタバコと同じような感覚で吸えて好印象。
いわゆるタバコ吸いであればちょうどいいドローです。
リキッドの味の再現性はまずまずといったところ。
そこそこ味は出ているものの、やはり2.2Ωという高抵抗コイルのせいかやや薄く感じます。
ミストは控えめ。こちらもコイルに依存してるのでしょう。
リキッドの供給はボトムコイルだけあって問題なく、チェーンしてもイガることはありませんでした。

総評

これから電子タバコを始めたいという方、中でもリアルタバコの代替としてニコチンリキッドを吸いたいという女子にはおすすめできます。
電池内蔵、充電器付、交換用コイル付、超軽量&超スリム、難しい操作一切ナシという点に加え、乙女心くすぐるガーリーなデザインとくれば電子タバコ初心者の女の子にはうってつけ。
爆煙吹きたい、リキッドをおいしく吸いたいという方には向かないものの、手軽に使えるニコチンフィーダーとしてなら十分にその機能を果たしてくれるスターターキットだと思います。

しかし交換用のコイルが入手しにくい点と、本体価格がちょっと強気な約5000円という点がマイナスポイント。
そこをあえて逆手に取って、強気な価格はLAMBO固有のデザイン料なんだと思えば、電子タバコを欲しがってる女の子へのプレゼントとしてはアリなのかもしれません。

おまけ

2.2Ωと書かれたLAMBOのコイルユニット、実際どうなのかとオームメーターで測ってみると・・・


2.44Ω!
0.24も高いじゃないですかLAMBOさん。
ちょっと巻きなおしてみましょう。


分解するとこんな感じ。
やっぱりこのコイル、kangerの旧コイルとほぼ同じ構造でした。
(写真上:LAMBOコイル、写真下:kangerコイル)


1.2Ωあたりを狙って30ゲージのカンタルを2.0mm径で6巻、クレドポーをコイルに通します。


再度オームメーターで測定、1.46Ω!
ちと巻きすぎたけどこのまま使いましょう。
アトマを本体にセットしてガッツリ一服。

 

「スコーーーー、プハァーーーー!」

 

おおお、結構ミストが出るようになりました!
味もやはり濃くなってますね。
そうか、コイルユニットを買わなくてもリビルドすればずっと使えるじゃん!
でもメンソールリキッドでアトマ割れたらどうしよう?


こうするんだよ。

LAMBO SAKURAはあっちさんのショップで好評発売中です。
残りわずか、急げ!!