電子タバコ初心者が初めてメカニカルMODを使ってみた


電子タバコを始めて約5カ月、X6、MVPを経てとうとうメカニカルMODデビューする日がやってきました。


というのも、twitterでフォローいただいているwooden vaperさんからSMOKのmagneto2をお譲りいただくことになり、ソッコーぬるしぐさんで電池と充電器をポチって迎撃スタンバイ完了、さあこれでようやくサブオームコイルで爆煙できるんだぜゲハハハハとしてたところにブツが届きました↓

品名 癒しグッズ

woodenさんセンス良すぎw
しかも「UDのJAKIROも一緒に入れときますねー」だなんて男前すぎます。
早速組み立ててみましょう!

コンタクトピンを調整してJAKIROと合体、AWのIMR18650ハイドレインバッテリーを装着してトップキャップをしめると、

おおー!
MODもアトマもブラックだからしっくりきますね。
手に持つとずっしりと重量感があって、なんだかすごい物を持ってる気がしてテンション上がります。
JAKIROのカバーを開けてみたら、

プリメイドコイル build by wooden vaper

もうね、サービス満点です。
しかもめちゃくちゃ綺麗に巻いてあるし。
上手い人のビルドってほんとに参考になりますね。
抵抗値を測ってみたら0.45オーム。
バッテリーの定格が20Aなので余裕で使えそうです。
JAKIROはwoodenさんビルドのコイルをしばらく使わせてもらうことに。

さて、まず一発目はスティープしておいしくなったGVCを堪能してみたいと思います。
GVCをコットンにしみ込ませ、エアホールをコイルに合わせてキャップを閉めたら準備OK。
はやる気持ちを抑えつついざファイヤー!

美味いぞこの野郎!!

やっぱりドリッパーで豪快に味わうGVCは格別です。
あまくておいしいクリームブリュレをどんぶりで喰っているかのようです。
JAKIRO特有の2重構造のおかげなのか小さいチャンバーのおかげなのか味がマイルドでウマ―。
調子に乗ってチェーンしてたら見事にドライヒットして悶絶。
リキッドチャージ怠ると地獄を見ることになりますね。

magneto2を含めメカニカルMODに関しては、電池の性能が許す限り低抵抗のコイルが使えるのでいろんなコイルをビルドする楽しみが増えました。
正直なところ爆発とかまだ怖いので0.5~0.8オームくらいを狙ってビルドしていこうと思います。
wooden vaperさん、いい物をお譲りいただいてほんとにありがとうございます!
大切に使わせていただきます。
そんなオットコ前なwooden vaperさんのブログはこちら!