香料不使用!Vape Sick新作 5Coffees レビュー!

E-Juice界の奇才、またの名をリキッドマエストロSicky氏率いる国産リキッドメーカーVape Sickから、E-リキッド界に一石を投じるとんでもないリキッドがリリースされます。
5coffeesと名付けられたそれらのリキッドはなんと香料&着色料を一切使わずに作られたピュアリキッド!
厳選された本物のコーヒー豆から抽出したコーヒーそのものの香りを楽しめるリキッドとのことです。
早速レビューしてみましょう!

商品提供 ベプログショップ

Vape Sick 5Coffees

30ml
ニコチンゼロ
VG/PG比 非公開
市場価格 1800円

Vape Sick 5Coffeesは、ブラジル、モカ、ガテマラ、モーニング、ブレンドの5種がラインナップ。
メーカーによるフレーバープロファイルは下図をご覧ください。


まるでコーヒー専門店でオーダーする時のような気分が味わえますね。
全5種類、順番にテイスティングしてみましょう。
セッティングは0.8ΩのNectarに18W、あえてニコチンは添加せずにパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!」

 

■ブラジル
飲むコーヒーの味ではなく、焙煎している時の香りがします。
ふくよかな甘みが感じられますが、コレを吸ってコーヒー味かと言われると「?」となるようなフレーバー。

■モカ
こちらもコーヒーを焙煎している時の香り。
ブラジルよりも若干甘さがありますが決して砂糖の甘さではなく豆本来の甘さ。
このシリーズはあくまでブラックコーヒーテイストに徹しています。

■ガテマラ
焙煎している香りはそのままに、やや奥ゆかしい味に感じられました。
苦味と香味のバランスが取れていると思います。

■モーニング
焙煎香に加えていわゆる炭焼き珈琲のような香ばしさがあります。
メーカーのキャプションによると強い苦味があるとありますが、ホロリと香る程度で他とさほど変わりません。
5つの中でどれか1つを選ぶとしたらこのモーニングを選ぶと思います。

■ブレンド
強い焙煎香、ほんのりナッティーで甘みがあります。
タバコの残り香のような雰囲気も感じられました。

正直なところ多少のニュアンスはあるものの、全部同じ味に感じました。
どれもコーヒー豆を焙煎中に熱々のロースターから発せられるような焼けつく香りがフレーバーの大半を占めており、豆の違いによるテイストの変化はほぼ皆無。
もっと大きく味が異なると期待していただけに非常に残念でなりません。
本物のコーヒーから抽出した成分のみで香り付けを行うという新しいモノ作りに対する企業努力は称賛に値すると思いますが、個人的にこれらのリキッドを美味しく吸えるか、また吸いたいと思うかと言うと答えはノーです。

せっかくサンプルをお送りいただいたのに大変申し訳ありません。
いつもの5段階評価は割愛させていただきます。
VAPE史上初のピュアリキッド、Vape Sick 5Coffees。
筆者は全くダメでしたが、往年のVape Sickファンなら一度は試してみる価値があるかもしれません。
詳細は下記サイトをご覧ください!
http://www.vapesick.com/5coffees/5coffees.html

ベプログショップでのお買い求めはこちらからどうぞ。
Vape Sick 5Coffees