aspire Nautilus AIOレビュー(ノーチラスコイル搭載POD)


ノーチラスコイルを搭載したPODデバイス、aspire Nautilus AIOレビューです。
※商品提供 ベプログショップ

 

特長

・Nautilusコイル搭載!
・エアフローコントロール可能!
・物理パフボタン採用!
・衛生的に携帯できるトップキャップつき!

 

入っている物


Nautilus AIO本体
microUSBケーブル
1.8ΩBVC
1.8ΩBVC(ソルトニコチン用)
マニュアル
保証書
スペアOリング
スペアシリコンシーリング

ディテール


Nautilus AIOは高級感あるルックスながら軽い(50g)のが特長。
一般的なスティックタイプのPODデバイスとは異なるフォルムですが、手のひらにすっぽりおさまるので「小さくてコンパクト」 という印象です。

 


両側面にはPODを取り外すためのリリースボタン。
その片方には充電用microUSBポートがあります。

 


Vaping時、充電時にはパフボタンがパープルに点灯。
ちなみに電源オンオフはパフボタンを5回クリック。
出力調整機能は無く、12W固定です。

 

使い方は超かんたん


1.本体両サイドのリリースボタンを押してPODを取り出しましょう。

 


2.チムニーユニットにコイルヘッドを取り付けます。

 


3.2をPODへ取り付け、リキッドチャージ。
(ドロッパーもすっぽり入るのが嬉しい)

 


4.3を本体に取り付ければ準備完了、後はパフボタンを押して吸うだけ!

※新品のコイルヘッド使用時にはリキッドチャージしてから約3分置いてください。
※コイルヘッドは消耗品です。味やミストの出が悪くなったら交換しましょう。
※チムニーユニットについているAFCリングでドロー(吸い心地)を調節できます。

 

 

吸ってみた

ドロー

AFC全開だと軽めのMTL(タバコ吸い)。
DL(直肺)するにはちと厳しいです。
AFCを絞ればノーチラス2のエアホール1個オープン並みの重~いドローも可。
また、マウスピースが大変咥えやすいのもポイント高し。

めちゃめちゃおいしいです。
そりゃレジェンドオブMTLクリアロ「ノーチラス」コイルですもの、美味しくないはずがありません。
※Nautilusについては電子タバコ年表2007~2013をご覧ください。

コイルが温まってくるとさらに味が濃く出ますので、最初の1、2パフはウォーミングアップと思った方が良いでしょう。

ミスト

1.8Ωに12Wでもそこそこ出ます。
リアルタバコの3倍くらいは出てる印象ですね。
輪っか5連発くらいなら余裕でできるミスト量です。

 

気になるランニングコストは?


Nautilus AIOに使用できる1.8Ω BVC(5個入り)は、1000円前後で販売されています。(2018年11月 amazon調べ)

2週間に1回コイルを交換した場合・・・1か月あたりのコストは400円

長い目で見たら割高ですが、ワイヤーやコットンやビルドツールを一から揃えることを考えたらかなりリーズナブルと言えます。

ちなみにVVTFというサードパーティ製のノーチラス用RBAユニットがありましたが、残念ながら現在ディスコン。
お持ちの方はかなりコストを抑えた運用ができるでしょう。

 

総評


よくやったaspire、最高です。

「ノーチラスコイルを乗せたPOD」という分かりやすいコンセプト、実に天晴れ。
正直、MTLでニコリキ吸う分にはこれで十分、いやこれが最高。
Nautilus AIO、間違いなく買いです。

 

Nautilus AIOはこんな方にオススメ

・手軽に美味しくニコチンフィードしたい方
・これからVAPEで禁煙したい方
・コイルビルドがめんどくさい方

 

PODを超えたPODデバイス、Nautilus AIOはベプログショップにて大好評発売中!
お買い求めはこちらからどうぞ!

スペック

サイズ 87.5 x 37 x 21mm
重さ 51g
出力 12W
バッテリー容量 1000mAh
POD容量 4.5ml
付属コイル 1.8ΩBVC,1.8ΩBVC(ソルトニコチン用)