【不朽の名作】Norbert Origen Dripper V3 BF レビュー


Norbert Origen Dripperーこの傑作機をレビューする日がとうとうやってきました。
決して新しくは無いアトマイザーですが、同メーカーのジェネシスアトマイザー「Origen Genesis」と並んで未だに国内外で高い人気を誇っています。
早速レビューしてみましょう!

Norbert Origen Dripper V3 BF 特長

コットン/メッシュ両対応!
シングル/デュアルも両対応!
激重~軽めMTLまで幅広いドローコントロール!
BFピン同梱でスコンカーでも使用可!

Norbert Origen Dripper V3 BF スペック

サイズ 22mm x 35mm
材質 SS
付属品 スペアOリング、スペアスクリューピン、BFピン、6角レンチ

Norbert Origen Dripper V3 BF ディテール

外観


まずこのデザインに腰砕け。
パッと見はNectar Micro SteelですがOrigenの方がやや高さがあります。
上部のフィンは上に行くほど深くなっており、ドリップチップに熱が伝わるのを防ぐとともに印象的なルックスを演出。
エアホールはサイドに2ヶ所開けられています。


ドリップチップは付属しませんのでお好きな510ドリップチップを装着しましょう。


底面にはロゴとシリアル。
コンタクトピンはネジ式ではありません。
ノーマル/BFピンの付け替えはコンタクトピンを上から押し出して行います。
※コンタクトピンにマイナスが切ってある理由は後述。


筆者は早速BFピンに付け替えてしまいましたが、デフォルトではノーマルピンがついています。

各パーツを見てみよう


トップキャップはネジが切ってあり、AFCリングを固定。
裏はゆるやかなテーパーがかかっていて、おいしいフレーバーをドリチまで運んでくれそう。


スリーブには大きさの異なる4つのエアホールが3セット。
エアホールの大きさは1.2mm/1.5mm/2mm/2,5mm。
シングル/デュアルそれぞれ独立したAFCを可能としています。


完全分解してみました。
左からデッキ、スリーブ、AFCリング、トップキャップ。
各パーツの取り外しは非常にスムーズ。


高く伸びたセンターポストが特徴的なデッキ。


上部はスクリューになっており、緩めるとワイヤーホールが出現。
コンタクトピンにマイナスが切ってあるのはこのワイヤーホールの位置を調整するためです。


構造的にはRDTAだと思うのですが、「Dripper」の名を冠しているのでウェルと言った方がいいのでしょうか。
このウェルがかなり深く、約1.5mlのリキッドを保持可能。
ただし傾けるとエアホールからリキッドがだだ漏れになるので要注意。

ビルドしてみよう


Origen Dripper V3 BFをビルドしてみました。
Ka28G 2.5mm 5wrapで1.07Ω。


メッシュで吸うためにコイルを垂直にセットしましたが、横向きも可能です。
もちろんコットンウィックでもOK!


メッシュは300番を15mm x 15mmで使用。
高さ15mmであればトップキャップにメッシュが触れることはありません。

フィッティング


ピコンカーに乗せてみました。
これよこれ!これがやりたかった!


大変バランスの良いシルエット。
ピコンカーとの相性はバツグン!


キッチンにもバッチリフィット。


この組み合わせで使ってるベイパーさんも少なく無いのではないでしょうか。

吸ってみた

ニコチンを添加したPREMIUM VAPINGのSUPREMEをチャージし、15Wでパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

予想以上の旨さです。
昨今のドリッパーのようにチャンバーを絞っているわけでもなく、なおかつサイドエアフローなのになぜこんなに美味しいのでしょうか。
デュアルコイルビルドもできるというチャンバーの広さ故、フレーバーが心配だったのですが取り越し苦労だったようです。
Origen Dripperの味わいは、フレーバーの一部分が突出してガツンとくるタイプではなく、フラットかつコントラスト鮮やか。
メッシュビルドということもあって、穏やかで研ぎ澄まされた印象を受けました。

エアフローコントロールも優秀。
重いMTLから軽めのMTLまで自由自在。
筆者はリキッドによって2番目もしくは3番目のエアホールを使いわけています。
もちろん、笛鳴りは全くありません。

ひとつ気になったのはチェーンすると結構熱くなるということ。
なるほど、上部にフィンがついているのにはちゃんと理由があったんですね。

Origen Dripper V3 BF 総評


筆者がOrigen Dripper V3 BFを選んだのは、「ラクチンなVAPEライフ」を送るため。
メッシュでビルドしてスコンカーで使用するともう最高。

ガンクがついたらドライバーン
リキッドチェンジ時は水洗い&ドライバーン
リキチャはスコンクボトルをワンプッシュ。

めちゃくちゃラクチンです。
ある意味ダメ人間製造アトマ。
こんなに快適でほんとにいいのでしょうか。

但し所謂ジェネシスアトマと同じく、横倒しにするとウェル内のリキッドがエアホールから漏れます。
ここだけ注意すれば後は文句のつけようがありません。
Origen Dripperが長きにわたって愛され続けている理由が分かりました。

旨い、ラクチン、カッコいい。
デュアルコイルやコットンウィックも楽しめる高い自由度も魅力!
Origen Dripper V3 BFは現在Vapstorに在庫あり。
気になった方はぜひともチェックしてみてください!

https://www.vapstor.fr/en/norbert-origen-dripper/855-origen-dripper-v3-bf-edition.html

■ジェネシス、メッシュビルドについてはこちら
【ビルド】かんたん美味しいメッシュビルドのススメ

お買い忘れはないですか?

RBA
Vapezine VAPEレビューブログ ベプジン
タイトルとURLをコピーしました