aspire Revvo 【新開発0.1Ωラジアルコイル搭載タンク】レビュー

Nautilus、Atlantis、Cleitoといった名機を世に送り出し、常にクリアロマイザーの最先端をリードしてきた中国電子タバコメーカーaspire。
そんなaspireから革新的なクリアロマイザーが「Revvo」がいよいよ登場です!

Revvoは新開発のAspire Radial Coil(ARC)コイルを搭載した全く新しいタイプのアトマイザー。
クリアロなのかはたまたRDTAなのか、カテゴライズすら困難を極める革新的な構造に衝撃を受けること間違いなし!
早速レビューしてみましょう!

商品提供 ベプログショップ

aspire Revvo

サイズ 45mm x 24mm
材質 ステンレススチール製
タンク材質 パイレックスガラス製
タンク容量 3.6ml
付属コイル 0.1Ω~0.16ΩARC(Aspire Redial Coil)×2
使用推奨ワッテージ 50W~100W

 

aspire Revvo特長

・クリアロ?RDTA? いいやRevvo!
・超低抵抗な新開発ARCで超爆煙!
・斬新!イガったら逆さにすべし!

ディテール

パッケージを開けるとRevvo本体、交換用ARC、保護キャップ、予備ガラスタンク、Oリング、マニュアル、保証書が入っています。

 

こちらがRevvo。
一見RDTAのようなフォルムですがリビルダブルではなく、コイル交換式アトマイザーです。
タンクはパイレックスガラス製、容量は3.6ml。

 

エアホールは表裏合わせて2つ。
全開から全閉まで無段階調整式のエアフローコントロールです。

 

コンタクトピンは固定式。

 

ドリップチップはワイドボア。
トップキャップを兼ねているため好みの物に交換はできません。
中から得体の知れないパーツが顔を覗かせてますね。
このパーツについて見てみましょう。

 

ドリチを外してみました。
中心のパーツはタンクへ通じるリキッドチャージ用パイプです。

 

このパーツにはバネが仕込まれており、上から押し込むことでタンク内のリキッドホールが開く仕組み。
リキッドはボトルの先端をこの穴にグッと押し込んでチャージします。

 

トップチャンバーを外すとこんな感じ。
もう何がなんだかさっぱりですよね。
てっぺんに乗っかってる逆三角形のパーツ(固定ネジ)を外してみましょう。

 

左からタンク、ARC、固定ネジ。
ARCはタンクの蓋の役割を果たしており、固定ネジで止められています。

 

 

こちらが新開発ARC。
ノッチコイルを平たくしたような感じですね。
抵抗値は0.1Ω~0.16Ωの間に設定されており、筆者の個体は実測0.13Ωでした。

 

裏側には化学繊維っぽいウィックがびっしり。
発熱部分に触れるウィック面積が広いのでかなりの爆煙になりそうな予感。
ちなみにリキッド供給はRevvoを逆さにし、このウィックにタンク内のリキッドを直接触れさせて行います。
イガったらひっくり返す、アトマイザーの新常識!

 

ずっと逆さや横向きで置いて置くとタンク内のリキッドがARCからじわじわ漏れてきますので、移動時には保護キャップでエアホールとドリップチップを密閉するようにしましょう。

 

ちなみにARC固定ネジにはエアホールが4か所開けられており、ここから吸気されたエアーがミストを乗せてドリップチップへと運ばれます。

 

フィッティング

最近お気に入りのASMODUS Colossalとのフィッティングはこんな感じ。
「そのRDTA何?」
「これRDTAじゃないんだぜ、Revvoなんだぜ!」
って一回言ってみたい。

 

見た目はなかなかカッコいいです。
ただし24mmサイズなのでちょっと前のMODに乗せると若干はみ出しちゃうかもしれませんね。

 

吸ってみた

KAMIKAZE E-JUICEのINVISIBLUEをチャージし、60Wでパフってみました。

 

「スコーーー、スパーンッ!!
 えっ!?何!?」

 

スピットバック音ハンパないです。
そりゃあんだけ大きなコイルが備わってれば返りもデカいわな・・・。
しかし例の逆三角形のパーツのおかげで、アツアツのリキッドが口の中へ飛び込んでくることはありません。
気を取り直してパフってみましょう。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

想像したとおりの爆煙です。
特筆すべきはミストが驚くほどシルキーなこと。
ゴツいコイルの割りにきめ細かく冷たいミストなのにはちょっと驚かされました。
例えて言うなら爆煙ドリッパーは超絶プレイで音圧稼ぎまくるロック、Revvoはコンプとイコライジングを駆使して常にピークレベルを維持しつづけているEDMみたいなイメージ。
同じ爆煙でもそれを作り出すプロセスは全く異なるという感じです。

また、フレーバーはタンクのそれではなく、一般的なサイドエアフローの爆煙ドリッパーのような味がします。
そこまで濃い味が出るわけではありませんので、フレーバーを「味わう」のではなく「呼吸する」が如くガンガン焚いて楽しみましょう。

aspire Revvo 総評

新開発ARCを搭載したaspire Revvo。
最初はいろモンかと思ってましたが、使っていくうちにこれはこれでアリだなと思うようになりました。

携帯時に保護キャップが必須な事と、ひっくり返してリキッド供給という斬新過ぎる点こそあるものの、「冷たい爆煙」というまったく新しいエクスペリエンスはRevvoの存在価値を確かな物にしていると言って良いでしょう。

新感覚爆煙アトマイザーaspire Revvoは、ベプログショップにて好評発売中です!
お買い求めはこちらからどうぞ!