VooPoo X217は見かけ倒しのダメ子ちゃん

「見掛け倒し」の真骨頂!

VooPooのデュアルバッテリーMOD、X-217のレビューです!
商品提供 VapeSourcing

 

VooPoo X-217 製品詳細

サイズ: 93 x 49.6 x 33mm
材質::亜鉛合金, レジン, レザー
出力ワッテージ:5W~217W
出力電圧:0.5V~7.5V
パワーモード対応抵抗値:0.05Ω~3.0Ω
TCモード対応抵抗値:0.5Ω~1.5Ω
温度管理範囲:100℃~315℃/200°F~600°F
モード:VW/VV/TC/TCR/VWカーブ/TCカーブ
対応バッテリー:21700/20700/18650 x 2
ディスプレイ:1.3インチTFT IPS HDカラースクリーン
時計表示機能
壁紙表示機能
ファームウェアアップグレード可

 

X217 ディテール

 

 

SXmini G classかよ。

 

 


バックパネルにはレジン。

 


両サイドはカーボンファイバーかなと思いきやショボい合革シール。
これ多分2~3ヶ月の使用でボロッボロになると思われます。

 


510コネクタ部分の直径は26mm。

 


バッテリーは21700/20700/18650を2本使用。
キットにはバッテリーアダプタが2本ついてきますので18650しか持っていない方でも安心。

 


電源を入れるや否や七色に輝きだすLEDに大爆笑。

デザインのパクリ具合といい素材の合わせ方といい余計なLED搭載といい実に節操のないMODです。
※LEDはオフにできます

 

操作方法が独特

X-217のオペレーションは独特。
パフボタンを3クリックするごとに、

・パワーモード
・TCモード
・ファンクションモード

の順に切り替わり、+、-ボタンを同時長押しすると各固有のメニュー画面が開きます。

 

パワーモード

パワーモードでは、VW、VV、VWカーブの3つの機能が使用可能。
また、VW時の制御を3パターンから選択することができます。

 

VWモード

 

VVモード

 

VWカーブ設定画面

VWカーブはパフボタンを押してから2秒間は20W、3秒目は30W、4秒目は35Wというように、時間経過に合わせてワッテージをプログラミングできる機能。
最大10ステップ、1秒毎に任意のワッテージを指定可能なのですが、「1秒毎」に固定されているのが残念。

 

新フィーチャー! 制御方式選択


X217ではVWモード時の制御方式を任意で選択可能です。

メーカーサイトにも記述が無いため写真の「Standard」が意味するものは分からないのですが(もしかしてDC-DC?)、「Pulse mode」については現在多くのVW MODで採用されているPWM(pulse modulation control)制御方式だと思われます。

Pulse modeに2つのバリエーションがあるという事は、恐らく異なる周波数/周期のパルスが選べるのではないかと。

これはちょっと新しい。
ただし筆者にはその違いは体感できませんでした。

 

TCモード

TCモードではSS316、Ni200、Ti、NCでの温度管理およびTCRカーブ機能を使用可能。
各ワイヤーは個別にTCRを調節できるほか、TC時の最大ワッテージも5W~80Wまで指定可能です。

 

TCモード(SS316)

 

TCRカーブ設定画面

TCカーブはVWカーブ同様、パフボタンを押してからの温度管理をプログラミングできる機能。
やはり最大10ステップ、1秒毎に任意の温度を指定可能です。

 

ファンクションモード

ファンクションモードではカレンダー/時刻設定、ディスプレイ輝度調整、言語設定、壁紙設定などが可能です。

 

ファンクションモード

(この画面で+、-ボタン同時長押しでメニューが開きます)

 

壁紙設定画面
壁紙はプリセットされてる8つから選択可能。
TFT液晶ディスプレイなのでかなりキレイなのですが、好きな画像をアップロードできないのが×。

 

大問題なTC機能

X217の操作中に気になることがあったので、久しぶりにコットンバーンテストをやってみました。

 

コイル
Ni200 0.14Ω

テスト方法
200°Fから600°Fまで100°Fごとに10秒間通電

結果

300°Fまではコットンに変化なし。
400°Fから設定温度に比例してコットンがこんがり焼けていますね。
この結果を見る限りでは一見正常なのですが…、

 

小刻みにパフボタンを押すとコイルが一瞬赤熱します。

 

これ、TC機能としては致命的にアカンやつ。

TC機能とはコイル抵抗値の変化を読み取り、設定した温度に近づけるようリアルタイムに電圧を昇降させる仕組み。

コイルが熱い状態(当初の測定値より抵抗値が高くなった状態)でパフボタンを押した時に異常な電流が流れるということは、抵抗値の読み取りが甘い=読み取り頻度が低いのではないでしょうか?

DNAだったらこんなことはまずありえません。
過去にレビューしたMODだとINNOKINのCORTEXに同様の挙動が見受けられました。


「VAPE吸う時そんなにパフボタン連打しねーよ!」

 

って思う方もいると思いますが、

X217はファンクションモードに入るためにTCモードの状態でパフボタンを3クリックしないといけません。

つまりファンクションモードに入る度にやたら高いワッテージがコイルに流れちゃうということです。

これあまりよろしくない。
気になった事っていうのはまさにこの事です。

救済措置

回避策はTC時の最大ワッテージを最小値くらいに設定すること。
でもそれやっちゃうとTC機能を普通に使えないという諸刃の剣。
結構めんどくさいMODです。
GENEチップはあまり好きになれません。

 

パソコンに繋いでカスタマイズができない

GENEチップだから当然カスタマイズできるだろうと思ったら全くできなくて愕然としました。


パラメーターを選択しても画面は真っ白。
ただしファームウェアのアップデートは問題なくできました。
今後のアップデートでカスタマイズも可能になることを願います。

 

総評

微妙。

 

手に持った感じ(重量感、グリップ感)はそこそこ良いし、パフレスポンスも爆速で快適なんです。

しかし、中身がイマイチなのに稚拙なドレスアップに熱心なのが実に滑稽で、個人的にはコイツを使う気にはなれません。

 

そんなの関係ねえ!っていう小島よしおは下記リンクからお買い求めください。

VOOPOO & Woody Vapes X217 TC Box Mod 217W
VOOPOO & Woody Vapes X217 TC Box Mod 217W