PloomTECH裏技! VAPEでたばこカプセル再利用&吸い尽くす方法


iQOSと並んで人気の加熱式タバコ、PloomTECH。
PloomTECHは主にバッテリー、カートリッジ、たばこカプセルの3つのパーツで構成されており、バッテリーによってカートリッジ内の煙の素(グリセリン、プロピレングリコール)を気化させ、ニコチンを含んだたばこカプセルを通して吸引するという仕組み。
1個につき50回吸引(50パフ)できるたばこカプセル5個と、1本で250回吸引(250パフ)できるカートリッジがセットで販売されていますが、実際にはひとつのたばこカプセルをカートリッジ内の煙の素が尽きるまで吸引することができます。(味は薄くなります)
もったいないから味が無くなるまで吸うということを繰り返していると、先にカートリッジ内の煙の素が無くなり、たばこカプセルが余ってくるという事態に。
悪いことにカートリッジのみの単体販売はされていないため(互換品は存在するが高額)、余ったたばこカプセルはゴミ箱行き。
これでは非常にもったいないですね。

そこで今日は「電子タバコを使ってPloomTECHのたばこカプセルを再利用&カートリッジの残量を気にせずにたばこカプセルを吸いつくす方法」を教えましょう!

VAPE(電子タバコ)があればPloomTECH本体とカートリッジは不要

PloomTECHはVAPE(電子タバコ)と非常に構造が似ています。
そのため、電子タバコにたばこカプセルを組み込んでしまえばPloomTECH本体とカートリッジは必要ありません。
なおかつ煙の素である電子タバコ用リキッドは自由に継ぎ足し可能なので、たばこカプセルの味が無くなるまで吸いつくすことができます。

何が必要なの?

電子タバコ、電子タバコ用リキッド、たばこカプセルを装着するドリップチップ、この3つです。
これらすべてがセットになったスターターキットが発売されていますので、まずはこちらをお買い求めください。

・Ploom TECH(プルームテック)カプセルにも対応! ベプログオリジナル電子たばこスターターキット
※ちなみにこちらの商品の販売元は、国内一の電子タバコデータベースサイト「ベプログ」を運営している電子タバコ専門店VAPE COLLECTIONさん。電子タバコユーザーにはおなじみの有名な会社さんです。

 

ベプログオリジナル電子たばこデビュースターターキットとは?


通常の電子タバコとしてだけでなくPloomTECHのタバコカプセルも楽しめる、言わばハイブリッド電子タバコスターターキット。
スターターキットの内容は以下の通り。

・Eleaf iCare 140(電子タバコ)
・ファンタジーVG&PG(煙の素)
・KAMIKAZE E-JUICEリキッド(味付煙の素)
・詰め替え用ユニコーンボトル
・充電用ACアダプター
・VAPEバンド
・Kecigドリップチップ
・キャリングケース

 


まずは電子タバコ本体、Eleaf iCare 140を見てみましょう。

 


パッケージを開けるとEleaf iCare 140本体、充電用microUSBケーブル、マニュアル、コイルユニットが入っています。

 


こちらが、Eleaf iCare 140。
中央の黒いボタンがパフボタン。
5回連続押しで電源ON、更に5回連続押しで電源OFF。
ボタンを押している間吸うことが出来ます。

 


裏面には充電用microUSBポート搭載。
本体に大きく開いている窓はリキッドタンク。
この中に煙の素(リキッド)をチャージできます。

 


トップキャップを外し、

 


同梱のコイルユニットを装着。

 


次は煙の素を用意しましょう。
こちらが煙の素、ファンタジーVG&PG。

 


iCare 140の上部から煙の素をチャージしましょう。
リキッドタンクの黒線以上チャージしてしまうと溢れますので要注意。
詰め替え用のユニコーンボトルに煙の素を入れてからチャージしたほうがやりやすいです。

 


先ほどコイルユニットを装着したトップキャップを戻し、15分程度置きます。

 


次はいよいよPloomTECHたばこカプセルを電子タバコに組み込んでいきましょう。

 


たばこカプセルをKecigドリップチップに

 


合体!

 


さて、この時点で手元には煙の素をチャージしたEleaf iCare 140と、たばこカプセルをセットしたKecigドリップチップがあると思います。
つぎはこの二つを合体させます。

 


Eleaf iCare 140についている透明のドリップチップを外し、

 


たばこカプセルをセットしたKecigドリップチップと合体!

 


正規品のPloomTECHよりもスタイリッシュですよね。
あとは電源ボタンを押して吸うだけ!
たばこカプセルの味がなくなるまで思う存分PloomTECHを楽しみましょう。
煙の素がなくなりそうになったらトップキャップを外して煙の素を再びチャージしてあげればOKです。
煙の素が十分入っているのに煙が出ない、または味がまずくなったらコイルユニットの交換時期。
スペアのコイルユニットに付け替えれば復活します。
コイルユニットは消耗品ですのでセットと一緒に一箱買っておくと安心です。

 

フレーバーたばこに変身させてみよう!(応用編)


このキットのもう一つの楽しみ方、それがPloomTECHと電子たばこ用リキッドの合わせ技。
ベプログオリジナル電子たばこデビュースターターキットは、国産電子たばこリキッドKAMIKAZE E-JUICEのスーパーハードメンソールまたはレッドブルのいずれかがセットになっていますので、これを煙の素として使用することでPloomTECHに様々なフレーバーをプラスし、フレーバーたばこに変身させることができるんです。

 


スーパーハードメンソールは強烈なメンソールの刺激が、レッドブルはその名の通り翼が授かっちゃうほどの爽快感がプラスされ、PloomTECHの味わいを鮮やかに彩ります。
もちろん市販されている電子たばこ用リキッドを煙の素として使うこともできますので、フレーバーの組み合わせは無限大。
自分だけのカスタムフレーバーを作って楽しんじゃいましょう!

電子たばことしても使える!


PloomTECHたばこカプセルを取り外し、電子たばこ用リキッドのみでももちろん使用OK!
国内で販売されている電子たばこリキッドは全てニコチンが含まれていませんので、禁煙に一歩近づくことができるかもしれません。

Eleaf iCare 140 充電方法


Eleaf iCare 140に同梱のmicroUSBケーブルを本体に差込み、パソコンやモバイルバッテリーにつないで充電しましょう。

 


また、ACアダプターもセットに含まれますので、家庭用コンセントからでも充電できます。

超便利なキャリングケース


PloomTECHとEleaf iCare 140に必要なアイテムすべてがおさまるキャリングケース、これが実に重宝します。

 


折りたたむとメガネケースよりひと回り大きいくらいでしょうか。
カバンの中に入れてもさほどかさばらないので大変便利。
吸い方にもよりますが、半日~一日程度の外出であればキャリングケースはいらないかもしれません。

総評

PloomTECHをよりスタイリッシュに、かつ快適に楽しめる待望のスターターキット。
これからPloomTECHを始めてみたい方、すでにPloomTECHを使用されていてたばこカプセルが余っている方、あるいは電子タバコにも興味がある方には朗報です。
煙の素であるVG&PGまたは電子タバコ用リキッドと、コイルユニットのランニングコストがかかるのがデメリットですが、カートリッジ切れに悩まされることも無くたばこカプセルを完全に消化できるメリットの方が大きいと言えるでしょう。

ベプログオリジナル電子たばこデビュースターターキットはベプログショップにて好評発売中です。
お買い求めはこちらからどうぞ!
ベプログオリジナル電子たばこスターターキット
交換コイル IC 1.1ohm 5個セット
商品提供:VAPE COLLECTION