Eleaf iStick i80 MODレビュー

EleafのビルトインバッテリーMOD、iStick i80のレビューです!
※商品提供 Sourcemore

 

Eleaf iStick i80 MOD製品詳細

サイズ 36 x 29 x 78mm
スレッド 510
出力 1W~80W
搭載モード VW/TC(Ni,Ti,SS,TCR1~3)/バイパス
ディスプレイ モノクロOLED
バッテリー 3000mAh
USC タイプC(5V/2A)

 

セット内容


iStick i80
タイプCケーブル
マニュアル
保証書

 

ディテール


iStick i80は、大容量3000mAhのビルトインバッテリーにVW、TCR含む各種TC、バイパスモードを備えたレギュレーテッドMOD。

 


高さわずか78mmというコンパクトなサイズが特徴で、携帯性は抜群!
重量も重すぎず軽すぎずで丁度良い。

 


フレームは亜鉛合金、グリップは樹脂製。
デザインはいわゆるCフレームを模したものになっています。

 


グリップには滑り止め用の細かなラインが多数。
手にした時の感覚はなかなかイイ感じです。

 


スレッドは510、コンタクトピンはスプリング式。
24mmまでのアトマイザーであればMODからはみ出ずに乗せられます。

 


底面には製品ロゴとベントホール。

 


インターフェースは3ボタン&1ディスプレイ。
ディスプレイはモノクロOLED、USBは2A高速充電対応のタイプCポートを搭載。

 

操作方法

電源オンオフ
パフボタン5クリック
モード切替
パフボタン3クリック
メニューモード
パフボタン+UPボタン同時長押し
キーロック
UP+DOWNボタン同時長押し
ディスプレイ表示反転
電源オフ時にUP+DOWNボタン同時長押し

 

ディスプレイ


簡潔で大変見やすいディスプレイレイアウト。
ワッテージ左下に表示されているサブパラメーターは、写真のカレントアンペア以外にパフタイム、パフカウンターに変更可能
さらにプリヒート機能も設定できます。

また、VWモードでは1W~20Wまでが0.1W単位、20W~80Wまでが1W単位で出力調整できるようになっており、特に20W以内での運用が多いMTLユーザーにとっては細かな出力調整ができるのは大きなメリットだと言えます。

 


TCモードの温度設定は摂氏/華氏切り替え可能。
さらにパフボタン4クリックで最大出力を1W~80Wまで調節できます。

 


パフボタン3クリックでVAPEモードの切り替え。
左からTC-Ni、TC-Ti、TC-SS、TC-TCR1、TC-TCR2、TC-TCR3、VW、バイパスです。

また、パフボタンとUPボタン同時長押しでメニューモードに入れますが、現在のVAPEモードによって表示されるメニュー項目が異なります。

VWモード
サブパラメーター表示変更
スマートモードオンオフ
プリヒート設定
バージョン情報表示
電圧表示
TCモード
抵抗値ロックオンオフ
サブパラメーター表示変更
スマートモードオンオフ
TCR値入力
バージョン情報表示
電圧表示
バイパスモード
サブパラメーター表示変更
スマートモードオンオフ
バージョン情報表示
電圧表示

 

フィッティング


Antiquity V2 RDTAとのフィッティング。
コンパクトながら若干ファットなボディなのでそこそこ高さのあるアトマイザーが似合います。
ローハイトなドリッパーよりはタンクの方が合わせやすいかも。

 


23mmのRTA、GTRだとこんな感じ。
こちらもなかなかイイ感じのバランスです。
コンパクトに使えて最大80W出力に3000mAhという頼もしいスペックは、一日を通してメイン機として十分に使えるポテンシャルです。

 

使用感

とにかくラクちんです。

パフディレイの少ない立ち上がり、サクサク動くインターフェース、決してカチャ鳴りしないボタンの小気味良いクリック感、エルゴノミックデザインを採用した絶妙なラウンドフォルムのグリップ感。

正直使用感は非の打ち所がありません。

あえて一つだけ言わせてもらうとグリップ部分の樹脂パーツがチープかつカラバリが微妙な点。


最近のELEAFが出すMODって結構オッサン臭いカラバリが多いと思うんですよね。
iStick i80に関しても上図の通り。
もっとビビッドな色とかホワイトとかがあってもよかったのになと。
個人的にはブラックモデルが一番カッコよく思えます。

 

総評

「バッテリーヘタったらおしまい」と敬遠されがちなビルトインバッテリーMOD。

しかし筆者は好きなんですよね。
というのもバッテリーの交換が不要なぶんクローズドでかっちりとしたデザインにできるし、VAPEで一般的によく使われる18650バッテリーのサイズに合わせる必要がないのでコンパクトにもできるから。

本機においてもその恩恵を十二分に受けており、似通ったデザイン/サイズのものが多いバッテリー交換式MODとは一線を画す存在感を放っています。

もちろん操作面、性能面においてもさすがELEAFって感じで文句なし。
先述のカラバリさえ気にならなければめちゃくちゃ良いMODです。(個人的イチオシはブラックモデル)

iStick i80はVAPE初心者の1st MODとしてはもちろん、上級者のメイン機としても十分使える頼もしいMODです。

Eleaf iStick i80 MODは中国大手電子タバコ通販サイトSourcemoreにて絶賛発売中!
クーポンコードEIIM使用でなんと$24.29!!
お買い求めはこちらからどうぞ!

You are being redirected...
お買い忘れはないですか?
MOD
タイトルとURLをコピーしました