トムクラーク節、炸裂。Tom Klark’s PÂTISSERIE von König Louis XIVレビュー

ベルリンが産んだ超激ウマリキッドメーカーTom Klark’s。
今日はトムクラークのラインナップ中最も好き嫌いが分れるであろう「PÂTISSERIE von König Louis XIV」のレビューです!
※商品提供 Vaper’s Nest

 

Tom Klark’s PÂTISSERIE von König Louis XIV

原産国ドイツ
内容量60ml(写真は10ml)
ニコチン0mg
VG/PG比70:30
市場価格2948円

メーカーキャプション要約


トムクラークのパティスリーは、フランスのパティスリーでしか味わえないような繊細さとバラエティーに富んでいます。
1パフするや否や口の中に広がるローストカカオの風味。
そこに加わるのは、砂糖漬けされたカラフルなドライフルーツがトッピングされたふわふわのビスケット。
メレンゲのやわらかな甘さがそれらを包み込み、繊細なタルトのような後味を醸し出します。
まるでフランス王朝の最盛期に人生を謳歌したルイ14世のように贅沢なフレーバーは、あなたの感覚を解き放つことでしょう。

 

初心者お断り。玄人仕様なアブストラクトフレーバー

いつものようにニコチンを添加し、1.2ΩのANTIQUITY RDAに12Wでパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

なるほど。
トムクラーク節、炸裂してます。

 

トムクラークのパティスリーは、ありがちなスイーツリキッドとは訳が違います。
そのフレーバーは至極独創的。
スパイシーでもハーバルでもない独特のフレーバリングはまさにトムクラークのお家芸。
普通の人に吸わせても、これがスイーツをモチーフにしたリキッドだとは到底わからないでしょう。
「ドーナツ」とか「ケーキ」というリキッドを吸って「ドーナツ」とか「ケーキ」の味がしないと納得できない方にはおススメできません。

 

パティスリーを吸って、筆者が感じ取ったフレーバーは以下の通り(出現順)

カカオフレーバー
レーズン
ドライフルーツ
ブランデー

概ねメーカーキャプション通りですが、ふわふわのビスケット感は感じられませんでした。
※ちなみに「ふわふわのビスケット=fluffy biscuit」は日本でいう固いビスケットではなく、KFCにあるようなふわふわしたパンみたいなビスケットのこと

 

トップノートは香ばしいカカオフレーバー。
やがてレーズンやドライフルーツが出現し、アルコーリックなブランデーフレーバーとミックス。
その香りはどこかマーキュロクロム液に似たニュアンスさえ感じられます。

「マーキュロクロム液って赤チンじゃん!?」

って目を丸くされる方もいらっしゃるでしょう。
でもこういうのブッ込んでくるあたりこそがトムクラーク、めちゃくちゃクセになる美味しさなんです。
ルートビアとかアニスのような、「癖が美味い」というのに似ているかもしれません。

全体的に甘さはわずかで口当たりさっぱりなのですが、複雑なフレーバーだからこそ甘さ控えめなのがちょうどいい感じ。
飽きの来ないアブストラクトなフレーバーだからこそ、ADVにぴったりのリキッドだと言えるでしょう。

トムクラーク パティスリーの美味しさは、ADV(オールデイベイプ)、そしてトムクラークがどんなリキッドメーカーなのかを知れば知るほど楽しめます。
トムクラーク初心者の方はまずTom Sawyer ClassicDark Menthol、LOVEあたりから入っていただいて、OPIUMや今回のパティスリーのような真骨頂に触れていただくのがオススメです。

トムクラーク節大炸裂!
Tom Klark’s PÂTISSERIE von König Louis XIVはVaper’s Nestさんにて絶賛発売中です。
お買い求めはこちらからどうぞ!

Tom Klark's - Vaper's Nest
2014年創業のドイツのリキッドメーカー。かなり特徴のあるフレーバーが特徴で、ドイツのリキッドと言えばここ!なんだそうです。・TomSawyerClassicヨーロッパではハーブとしてビール等に使われる薬草のウッドラフの
お買い忘れはないですか?

VAPEリキッド
Vapezine VAPEレビューブログ ベプジン
タイトルとURLをコピーしました