結局何使ってるの!? 超個人的に出番が多いVAPEMODランキング2018-2019

今年もやってきました「結局何使ってるの」シリーズ!

筆者はいろんなMODやアトマを「これは良い!」とか言ってレビューしてますが、結局お前は何使ってんだよと。
多分読者の方は一番そこを知りたいのではないでしょうか。

というわけで、2018年筆者が最も使ったMOD5つをピックアップ!
早速ご覧ください!

 

過去の「結局何使ってるの」はこちら。

結局何使ってるの!? 超個人的に出番が多いBOX MODランキング2016
※2018/3/23追記 結局何使ってるの!? 超個人的に出番が多いBOX MODランキング2018年度版はこちら。 VW機から始まりTC搭載機、そしてTCR機能搭載機からファームウェアアップグレード対応機に至る...
結局何使ってるの!? 超個人的に出番が多いVAPE MODランキング 2018
レビューじゃなくて筆者が普段使ってるMODを知りたい!という声を時々耳にします。 そこで今日は筆者がデイリーユーズにガンガン使ってるVAPE MODを5つピックアップ! 2018年最新版「超個人的に出番が多いVAPE MODラン...

第五位 ASMODUS COLOSSAL


コンパクトかつシンプルなシングルバッテリーMOD。
同じアスモのアトマはもちろん他メーカーのアトマとも合わせやすくて気に入っていたんですが、スコンカーの魔力に負けて現在は隠居生活を過ごしておられます。

ASMODUS Colossal (アスモダス コロッサル)レビュー!
ヤバすぎるMODがASMODUSから登場です! ASMODUS Colossalは、最新チップGX80HUT V2にタッチスクリーンを搭載したシングルバッテリーMODのフラッグシップモデル。 同社のアイコンとも言えるMINI...

第四位 Hotcig RSQ


Origen Dripper BFメッシュビルド用。
ジェネシス+テクスコで超ラクラクなスコンカー生活を夢見たものの、メッシュビルド自体が面倒に思えてきて最近活躍できてない子です。

一時期はコットンビルドのアトマを乗せてたりしたんですけど、RSQって少し重いんですよね。
あと立ち上がりも若干スロー。
Pulse80WのパネルをうまくDIYカスタムできたらそっちに乗り換えようそうしよう。

HotCig RSQ MODレビュー
RSQは中国電子タバコメーカー「HotCig」と、USのVAPEブランド「Rig Mod WW」のコラボレーションによるレギュレーテッド(テクニカル)スコンカー。 優れたデザインとリーズナブルな価格設定により、往年のRig Modフォロワーだけでなく新規VAPEユーザーからも人気の高い製品です。 HotCig RSQ、早速レビューしてみましょう。

第三位 Kitchen Mods Kitchen V2.5


趣味の木製MOD。
時々お出かけに持って行って可愛がっております。

いろんなアトマで運用してましたが残念ながら現在はアトマ難民。
やっぱりタンクを乗せようかなとか、いやいや面倒くさがりの俺にタンクは無理だろとか未だに答えが出ていません。
早くこの子に合うアトマを見つけねば。

Kitchen Mods Kitchen V2 (キッチンV2)レビュー
憧れのKitchen Modを昨年末にようやく手に入れることができました! 半年くらい前からトレーダーグループをチェックしてはいたのですが、なかなかこれだ!という子に出会えず地団太を踏んでいたところ、縁あってとある心優しいベイパー...

第二位 Lost Vape Mirage


リキッドのテイスティングはだいたいこれでやってます。

バッテリーがすぐ減っちゃうDNA75C機、しかし室内使用限定なので全く気になりません。
Galaxies乗せたりTwisted Messes24乗せたりと、最もアトマチェンジしているMODでもあります。
テーマは相変わらずドラクエのまま↓

今なら一万円以下!DNA75C搭載 LOST VAPE MIRAGE レビュー
今日のレビューはLOST VAPE MIRAGE(ミラージュ)。 DNA75Cを搭載した中華マスプロMODは他にもたくさん出てますが、その中でもMIRAGEは最もまともなデザインではないでしょうか? ※カラー液晶をアピールしたいがあ...

第一位 Eleaf iStick Pico Squeeze


栄えある第一位は、みなさんご存知ピコンカ―。

正直、9割方これ使ってます。
スコンカー自体が便利なのはもちろん、さらにピコンカ―は

・スイッチが切れる
・バッテリー残量が分かる
・USB充電できる
・小さい
・安い

という、セミメカのポテンシャルを最大限に生かしたスペックが大変魅力。
これぞ究極の普段使いMOD。
スペアのスコンクボトルもたっぷりあるし、ぶっ壊れるまで使い倒します。

ちなみにアトマはMFMのブラックキャップをかぶせたARMOR1.0をずっと乗っけたまま。
ビルドは26Gパラレルスペースド0.35Ω、リキッドは筆者常飲のTROPWEN一択。
フルブラックのシルエットもうるさくなくて◎、大好き。

【名機ピコンカー】Eleaf Pico Squeeze レビュー
まえがき~なぜ今、ピコンカーなのか 2015年、Steam Crave Squonk Boxの発売を皮切りに始まったマスプロスコンカーブーム。 後発のKangerTech Drip boxのヒットにより、中国の電子タバコメーカー各社...

まとめ

筆者の中では、VAPEが趣味から生活必需品に変わりつつあります。

サイズやルックスも大事ですが、最大のポイントはいかにラクに美味しく吸えるか。
歳取ったんでしょうか、VAPE始めたての頃とは間逆の方向突っ走ってます。

しかしなんだかんだ言っても美味いリキッドは美味いし、タバコの代替品として多分ずっとVAPEと付き合って行くんだろうなと感じています。

ならもうPODでいいじゃんと思って使ってはいるんですけど、ランニングコストを考えるとやっぱりRBA+MODが一番自分に合ってるんですよね。

来年の今頃はどんなMODとアトマを使ってるのか、ちょっぴり楽しみです。