Vapezine

Vapezine (ベプジン)は初心者向け電子タバコから爆煙RDA、RTA、MOD、国内外の激ウマリキッドまで幅広くレビューするVAPEブログ。iqosやploom techユーザーも必見!

にほんブログ村 電子タバコブログランキング一覧へ

MOD

Joyetech Atopack Penguin スターターキットレビュー

投稿日:2017年6月5日 更新日:

中国最大手の電子タバコメーカーJoyetechから、全く新しい規格の電子タバコが登場しました。
ペンギンのような愛らしいフォルムが特徴のAtopack Penguinは、独自のカートリッジ交換方式を採用した新しい電子タバコ。
今日はJoyetech Atopack Penguinの魅力に迫ります!

Joyetech Atopack Penguinレビューは、国内外の激ウマリキッドはもちろんのこと、最新MODからアトマイザーに至るまで充実した商品ラインナップが魅力の電子タバコ専門店、VAPE COLLECTIONさんの提供でお送りします。

Joyetech Atopack Penguin

サイズ 26.5mm x 52.0mm x 102.5mm
重量 139.5g
カートリッジ容量 8.8ml
最大出力 50W
バッテリー容量 2000mAh
付属コイル 0.6ΩJVICコイル x1、 0.25ΩJVICコイル x1
充電用micro USBポート搭載

特徴

・押して吸うだけ、ワンボタンのイージーオペレーション!
・カートリッジ交換式でいつでも清潔&ラクラクVAPING!
・スタミナ抜群、2000mAhバッテリー内蔵!

 

ディテール

パッケージを開けるとAtopack Penguin本体、充電用microUSBケーブル、コイルユニット2つ、マニュアル類、シリコンキャップが入っています。

 


こちらがAtopack Penguin。
全体的に丸みを帯びているので握り心地が良く、なおかつさほど重量も重くありません。
女の子ベイパーがこれ使ってたら正直惚れそうです。

 


側面のパフボタンを5クリックで電源ON/OFF。
5つのLEDインジケータはバッテリー残量を表示。
LEDインジケータの下にあるのは充電用microUSBポート。

 


パフボタンの上にあるのがエアホール。
エアフローコントロールは不可能です。

 


こちらがマウスピース。
一般的な510ドリップチップよりもワイドボアになっていますのでDLに適していると言えます。

 


底面にはベントホールを搭載。

 


バッテリーとカートリッジを外してみましょう。

 


バッテリーとカートリッジの接続部はこんな感じ。
小さな丸いピンがそれぞれポジティブとネガティブ、細長いピンはカートリッジ固定用です。

 


こちらがカートリッジ。
なんと8.8mlものリキッドをチャージできる大容量タンクです。

 


カートリッジはリキッドについてのメモを書き込めるようになっている他、付属のシリコンキャップを装着して気軽に持ち運びが可能。
異なるリキッドを入れたカートリッジを複数持ち運んで、気分に応じてカートリッジチェンジも楽しめます。

 


カートリッジ底面には保護キャップ付。

 


保護キャップを開けてみました。
中央の長細い穴がリキッドチャージ用、左の丸い穴はマウスピースへと通じています。

 


こちらがAtopck Penguinに付属のJVICコイルヘッド。
(左:0.25Ω DL、右:0.6Ω MTL)
ベースは白いセラミック製で、ポジティブとネガティブのコンタクトプレートが見てとれます。

 


コイル自体は一般的なクリアロマイザーのコイルと同じくらいのサイズですので、同等のミストとフレーバーが期待できそうです。

 


ちなみにJVICとはJuice Vertical Injection Coilの意で、上図のようにコイルヘッド上部からリキッドを浸透させ、エアーを真横から送り込んでミスト化させるという仕組み。

 


コイルヘッドをカートリッジにはめ込むとこんな感じ。
こちらをバッテリーに取り付ければOKです。

吸ってみた

ニコチンを添加したなにわでんねんのりらっちゃをAtopack Penguinにチャージし、0.6ΩMTLコイルでパフってみました。

 

「スコーーー、プハーーー!!」

 

驚くほど速い立ち上がりです。
そのレスポンスの速さはAspireのK4並。
かなりのワッテージがかかっているせいかミストも多いです。
独特の吸気メカニズムを持つJVICシステムには正直不安しかなかったのですが、フレーバーの出方はなかなかのもの。
同メーカーのクリアロマイザー、Cubisに勝るとも劣らないくらいの性能を持っていると考えていいと思います。

ドローは軽く、ギリギリMTLで吸える感じ。
DL派には問題ありませんがタイトドロー好きにはちょっと吸いにくいかもしれません。
ただしミストの温度が低め、かつ構造上絶対にスピットバックしないのは高評価。
また、横倒し縦置きでそれぞれ丸一日経過してもリキッドの漏れは皆無、なおかつ筆者の運用ではジュルりやイガりも一切ありませんでした。

総評

Atopack Penguinは、メイン機としても十分使えるポテンシャルを秘めた全く新しいVAPEデバイス。
見た目が可愛くてカートリッジ交換タイプでラクラクでレスポンスが良くて爆煙でそこそこ美味しいと来れば、ライトユーザーや初心者の女性ベイパーのハートを鷲掴みにすること間違いなし。
ランニングコストも非常に魅力的で、なんとコイルヘッド付きカートリッジが一般的なクリアロのコイルヘッド程度の価格で購入できちゃいます。
古くなったコイルはカートリッジごとポイ、カートリッジを常に新しく清潔な状態に保てるというメリットは大変大きいと思います。

カラーバリエーションは全5種、ぜひあなたにピッタリのペンギンさんを見つけてください!
お買い求めはこちらからどうぞ!

ブログ村ランキングボタン

VAPELOG

-MOD
-, , , , , , ,

Copyright© Vapezine , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.