Vapezine

Vapezine (ベプジン)は初心者向け電子タバコから爆煙RDA、RTA、MOD、国内外の激ウマリキッドまで幅広くレビューするVAPEブログ。iqosやploom techユーザーも必見!

にほんブログ村 電子タバコブログランキング一覧へ

RBA

可変エアフロー搭載! Secret Squad KILLING TIME RDA レビュー

投稿日:2018年2月19日 更新日:

Secret Squad KILLING TIME RDA(シークレットスクァッド キリングタイム)は、中国VAPEメーカーCN VAPE社製のユニークなドリッパー。
直径24.8mm、デュアルコイル前提デッキ、ワイドボアドリップチップといういわゆる「爆煙ドリッパー」でありながら、ボトム/ボトム+サイド可変エアフローを搭載した珍しいRDAです。
その性能は一体どうなんでしょうか、早速レビューしてみましょう!

Secret Squad KILLING TIME RDAレビューは、JP-VAPEさんの提供でお送りします。

Secret Squad KILLING TIME RDA スペック

サイズ 24.8mm x 33mm
材質 ステンレススチール製
カラーバリエーション シルバー、ブラック、ポリッシュドブラック

 

Secret Squad KILLING TIME RDA  特徴

・25mmデュアルコイルビルド専用デッキ!
・マイナーメーカーでありながら好感が持てる丁寧な作り!
・ボトム/ボトム&サイド可変エアフロー搭載で味もミストも大満足!
・スコンカーでも使えるBFピン付属!

 

Secret Squad KILLING TIME RDA ディテール

パッケージの中にはKILLING TIME RDA、ドリップチップ、予備パーツ(Oリング、ビス、スプリング、BFピン)が入っています。

こちらがSecret Squad KILLING TIME RDA。
マットブラックのトップキャップにマットゴールドのデッキが激シブ!
デフォルトはKennedyのようなボトムエアフローのRDAですね。

十分突出したポジティブピン。
同梱のBFピンに換えればスコンカーでも使用可能。

銃口のようなライフリングが施されたワイドボアドリップチップ。

トップキャップの裏側は段階的に絞られていく感じ。
なにやらスリットのようなものが見えますね。

実はトップキャップには逆ネジが切ってあり、リリースするとサイドエアホールが出現!
ボトムエアフローのみで濃厚なフレーバーを楽しむもよし、ボトム+サイドで使って爆煙を楽しむもよしと、一粒で二度おいしい使い方ができるのがKILLING TIME RDA最大の特徴です。

分解してみました。
左からデッキパーツ、スリーブ、トップキャップ、ドリップチップ。
バラす時にやたら固いアトマがありますが、KILLING TIME RDAはストレスフリー。
ちょうどよい固さでデッキとスリーブが固定されていて大変好感が持てます。

デッキはクランプポストを採用したデュアルコイル前提デッキ。
加工精度はさほど悪くありません。

クランプにはスプリングが仕込まれていて、上部のネジを緩めるとくぱぁします。
ちなみにポストとスプリングは通電性を考慮し金メッキ済とのこと。

コイルスペースが十分にとられているため、ゴツ目のビルドも余裕。

とりあえずシンプルな単線で巻きなおしてみました。
Kanthal A1 24G 3mm 8wrapデュアルでジャスト0.4Ω。

ホットスポットを除去し、

ふんわりウィッキング。

サイドエアホールを開けた時にちょうどコイルが見えるようにコイルの高さを調整しましょう。

フィッティング

Asmodus Minikin2との相性は抜群!
マットな質感どうし大変よく似合っています。

武骨なシルエットなのでゴツ目のMODに乗せるのがオススメ。
WismecのデュアルバッテリーMODなどとも相性がよさそうです。

吸ってみた

まずはボトムエアフローのみで。
Cake Vaporsのホワイトグレープをチャージし、60Wでパフってみました。

 

「スコーーー、プハ、
ぬおお!?コレ良い!!」

 

目からウロコです。
正直こういうDLなアトマはもういいやって思ってたのですが、まさかコイツがこんなポテンシャルを秘めていたとは。

ミストは言わずもがな爆煙、やや粗めの暖かいミストがモックモク。
特筆すべきはフレーバー。
ボトムエアフローの恩恵により想像だにしなかった濃厚なフレーバーが楽しめます。
ドローはDL向けにしてはやや重めですがMTLには全く向きません。

次にサイドエアホールを開けてパフってみたところ、ややフレーバーが弱くなった気はするもののミスト温度が下がって吸い心地が格段にアップしました。
セッティングにもよりますが、個人的にはバニカスやスイーツ系などの甘いリキッドはボトムのみで、フルーツやメンソール系などの爽やかなリキッドはボトム+サイドで吸うのが良いんじゃないかと思います。

セッティングやリキッドによってエアフローを使い分けられるというのは大変強みですね。

総評

Secret Squad KILLING TIME RDA、全然アリですね。
味の良さはもちろんのこと、作りが非常に良くて安っぽくないし使いやすい。
デュアルでビルドしなきゃいけない手間こそあるものの、それすら許せてしまう満足度の高さ。
基本的にMTLな筆者ですが、DLでガーッと吸った方が美味しいリキッドもたくさんあるのでリキッドレビューにガンガン使っていこうと思います。

Secret Squad KILLING TIME RDAはJP-VAPEさんにて好評発売中。
2018/2/19現在、シルバーとブラック残り1個づつ。
お買い求めはお早めにどうぞ!
http://www.jp-vape.net/atomizer/527--secret-squad-killing-time-rda.html

ブログ村ランキングボタン

VAPELOG

-RBA
-, , , , , , , , ,

Copyright© Vapezine , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.